広告会議TOP › 広告・デジタル会議  › 広告関連リリース
広告関連リリース
2011年10月26日

博報堂と博報堂アイ・スタジオ、「ソーシャルカタログ」サービス提供開始

博報堂は、博報堂アイ・スタジオと共同で、人気の商品機能をリアルタイムに一目で把握できる、ソーシャルメディアを利用したWEBページ制作を支援するサービス「ソーシャルカタログ」の提供を開始します。
facebook、mixi、twitter、google+のソーシャルプラグインを利用し、人気機能や口コミをリアルタイムに一目で把握できる商品機能一覧ページを制作するサービス。
2011年10月19日

電通とバンダイナムコゲームスゲーム、クリエーターによるコンサルタントサービス 「ゲームメソッドコンサルティング」を開始

株式会社バンダイナムコゲームスは、株式会社電通と協力して、エンターテインメントコンテンツ開発時に必要な知見やノウハウを他業種の製品開発やサービスに役立ててもらうことを提案するサービス「ゲームメソッドコンサルティング(チーム名:『SPECIAL FLAG』)」を共同展開いたします。
バンダイナムコゲームスのエンターテインメント開発ノウハウと、電通の広告、マーケティングノウハウでコラボ。
2011年10月19日

博報堂、中国でのBtoB企業ビジネス拡大サポートプログラム 「博業順利(はくぎょうじゅんり)」提供開始

博報堂は、中国市場で事業展開を行う日系BtoB企業向けに、中国でのビジネス拡大をサポートするプログラム「博業順(はくぎょうじゅんり)」の提供を開始します。
広告やPR、セールスキットの開発、プレゼンテーションツールの作成など、受注に直結するコミュニケーション活動を支援。
2011年10月19日

博報堂、中国でのPR活動を行なうプログラム 「博報転載(はくほうてんさい)」提供開始

博報堂は、中国において、効率的なPR活動を実施するためのプログラム「博報転載(はくほうてんさい)」の提供を開始します。
主なサービス提供対象企業は、中国に進出している、これから進出を企図している日系企業の日本本社または中国現地法人を想定。
2011年10月18日

博報堂、次世代まちづくりに関する共同研究プロジェクトを発足

博報堂の企業内大学 HAKUHODO UNIV.(通称:博報堂大学)次世代電動生活ラボと早稲田大学環境総合センター(理工学術院創造理工学部建築学科後藤春彦教授)は、スマートシティ(環境配慮型都市)に代表される次世代まちづくりに関する共同研究プロジェクトを発足致しました。
複雑な課題を有する地方都市における新たなまちづくりモデルを創出することを目指す。
2011年10月14日

電通、大学研究者ネットワークを活用した企業のビジネス課題解決プログラム「UICO」を開発

株式会社電通は、企業のビジネス課題解決を目的に、大学研究者の知見とその傘下学生を有効活用するために、全国の大学研究者をネットワークした産学連携のソリューションプログラム「UICO」TM(University Industry Coordination、 愛称:ユイコ)を開発しました。
ビジネス課題解決を望む企業側と、大学研究者及び学生側を電通が結びつけ課題解決に導くプログラム。
2011年09月13日

博報堂、SNSを活用した生活者との協働マーケティングプログラム提供開始

博報堂は、ソーシャルメディアの仕組みを活用し、リサーチ、アイデア開発からプロモーション実施まで、企業と生活者との協働を実現するオンライン・マーケティングプログラム、博報堂MROC「アイデアパーク(i-dea parkTM)」のサービス提供を開始しました。
今後はスマートデバイスの活用も視野に入れている。
2011年08月10日

博報堂、マルチステークホルダー乗り合い型価値創造プログラム「bemo(ベモ)」提供開始

博報堂は、企業が、顧客や取引先、地域社会などの多様な関係者と“乗り合い型”のチームを結成し、自社や関連業界のこれからの社会的価値や事業モデルを共に構想し創出する手法「マルチステークホルダー乗り合い型価値創造プログラム『bemo(ベモ)』」を開発し、企業や団体向けに提供を開始しました。
多様なステークホルダーと知恵やリソースを分かち合い、自社や社会全体に新しい価値・仕組みを、事業モデルやプロジェクトなどの形で創り出していくプログラム。
2011年08月03日

電通、民放キー局5社と共同でVODサービスを推進

日本テレビ放送網・テレビ朝日・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビジョンと電通は、今後普及が予想されるインターネットTV上において、民放各社が主体となった有料課金型のVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを共同で推進していくことに基本合意しました。
2012年度から2014年度を本格運用に向けた準備期間として位置付けている。
2011年08月02日

博報堂とダイレクト・パートナーズ社、CRMサービス「カンバセーション・ループ」を共同開発

「カンバセーション・ループ」は、CRM分野において博報堂が有する顧客分析力・販促施策提案力と、先進的なCRM業務実績に裏付けられたダイレクト・パートナーズ社の顧客データベース構築力・運用力を結びつけることで実現したCRMサービスです。
一般的な顧客情報と、企業サイトやソーシャルメディアの顧客の発言に関する情報で顧客データベースを作成。