広告会議TOP › 広告・デジタル会議  › 広告関連リリース
広告関連リリース
2013年03月29日

電通、電信クーポン配信サービス「ともだちクーポン」を開発

株式会社電通は、ユーザー自身がSNSを通してクーポンを拡散することができる電子クーポン配信サービス「ともだちクーポン」を開発しました。
第一弾はFacebook対応サービスの提供を開始。
2013年03月06日

博報堂と東芝テック、「電子購買証明サービス」を開発

株式会社博報堂と東芝テック株式会社はこのたび、東芝テックが構築する「電子レシートシステム注1」を活用した「電子購買証明サービス」を共同で開発します。
買物客が自分の携帯端末上の電子レシート画面に表示されるキャンペーン応募アイコンをクリックするだけで購買証明が完了。
2012年12月04日

博報堂、Salesforceとの連携を強化

株式会社博報堂は、得意先企業に対するマーケティングサービスの更なる高度化・最適化を目的として、法人向けクラウドサービス大手のセールスフォース・ドットコム社との連携を強化し、企業向けソリューションの開発を加速させます。
既存の共同開発ソリューション「Production Cloud」に続いて、新たに顧客プラットフォーム『HAKUHODO-ARMS(博報堂アームズ)』を開発。
2012年10月01日

電通、新しいキャンペーンプラットフォーム「Click AD」を開発

株式会社電通は、マスメディアや店頭などのコンタクトポイントで展開される広告物やコンテンツを、スマートフォンに代表される多機能端末を 介してスピーディーに認識させることで、これまでにない広がりのある広告活動が実施できる新しいキャンペーンプラットフォーム「Click AD」(クリックアド)を開発いたしました。
複数の認識技術にワンストップで対応。
2012年08月31日

電通、SNSとコンビニエンスストアの店頭をつなぐ電子クーポン配信プラットフォームを開発

株式会社電通は、ローソン、ファミリーマート他のコンビニエンスストア各社の電子クーポンシステムと連携し、SNSであるFacebook、Twitter、mixi上で電子クーポンを配布することができるプラットフォームを開発しました。
9月3日から本サービス提供開始。
2012年08月28日

電通、流行先読みサービス「電通トレンドソナー」開発

株式会社電通は、株式会社電通パブリックリレーションズおよび株式会社電通マーケティングインサイトと共同で、高感度な消費者へのリサーチ、有識者・専門家へのヒアリング、ソーシャルメディア上での口コミ分析を組み合わせることにより、様々なカテゴリーにおけるこれからの流行の兆しをレポーティングするサービス「電通トレンドソナー」を開発しました。
消費者ネットワーク「Antennaor」(アンテナー)を活用して流行の兆しの候補群を抽出。精査すべく有識者・ 専門家ネットワーク「Valuator」(バリュエーター)へのヒアリングを行う。そして精査された兆しに関するソーシャルメディア上での口コミ動向をチェックしてトレンドやブームを可視化。
2012年08月03日

博報堂DYグループ、O2Oプラットフォーム 「grabee」提供開始

博報堂DYグループの横断組織「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」とグループ企業である株式会社博報堂アイ・スタジオは、スマートフォンを「振る」という簡単な動作でコンテンツを取得できるO2O(Online to Offline)プラットフォーム「grabee」(グラビー)を共同で開発、8月より提供を開始します。
専用アプリを起動中のスマホユーザーに向けて、「日時」・「場所」・「ユーザーの性・年齢などの属性」などを指定してコンテンツタイプの情報を配信することも可能。
2012年07月08日

電通と電通テック、「リアル×ソーシャル」の連携を図るサービス「Social_Box」を開発

株式会社電通と株式会社電通テックは共同で、「リアル×ソーシャル」の連携を図る新 しいプロモーションサービス「Social_Box」を開発し、7月5日からサービス提供を開始いたします。
また、O2O(Online to Offline)領域におけるコミュニケーション・プランニングや新規サービス開発を目的としたチーム「_(アンダーバー)」を発足。
2012年07月02日

コムニコとスケダチ、インバウンドマーケティング支援サービスを開始

株式会社コムニコは、米国HubSpot(ハブスポット)社の日本初のパートナーとなり、株式会社スケダチと共同で、Hubspot社の提供するインバウンドマーケティング統合ソフトウェアの販売代理と導入企業への支援サービスを開始致します。
共同で、戦略立案から、コンテンツ制作、運用サポートまで、企業のインバウンドマーケティングを総合的に支援。
2012年07月02日

JR5社、デジタルサイネージが連携

北海道ジェイ・アール・エージェンシー、ジェイアール東日本企画、ジェイアール東海エージェンシー、ジェイアール西日本コミュニケーションズ、JR九州エージェンシーは、5社のデジタルサイネージを連携した企画商品『駅エリアデジタルサイネージ5大都市圏 ネットワークセット』の販売を開始します。
5大都市圏合計275面を連携。