広告会議TOP › 広告・デジタル会議  › デジタルメディア
デジタルメディア
2013年05月30日

バスキュール、マッシブ・インタラクティブ・エンターテインメント・システムをリリース

株式会社バスキュールは、スマートフォンやタブレットを通じて、視聴者にテレビ番組への参加体験を提供する『マッシブ・インタラクティブ・エンターテインメント・システム』を、株式会社バスキュール号と共同開発しました。
これまでにできなかった規模のインタラクティブ番組が実現可能に。
2012年08月16日

大広とチームラボ、次世代販売促進システム「Dラボフック」提供開始

株式会社大広は、チームラボ株式会社と共同で、次世代販売促進システム「Dラボフック」を開発、8月21日よりサービスの提供を開始いたします
店頭で気になった商品を手にとると、センサーが作動して、ディスプレイに関連したイメージ画像等の情報が表示されます。
2011年05月09日

tha ltd. 「FRAMED*」

FRAMED*

tha ltd.から新しいタイプのインテリア・プロダクト「FRAMED*」がリリース。ソフトウェアアート・ウェブアプリケーション・映像・モーショングラフィック、様々な表現が楽しめる「額縁」です。欲しいー。

2011年01月30日

NoteSlate

NoteSlate

デジタルなノート「NoteSlate」が6月に登場。書いて消すだけの「Boogie Board」などもありますが、「NoteSlate」は保存もできて、USBやSD、そしてWi-Fiでメールも出来る優れもの。99ドル!です。

2010年11月09日

Yahoo! JAPANとCOMEL、共同で新たなデジタルサイネージ広告サービスを開始

Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社とソフトバンクグループのCOMEL株式会社は、共同で新たなデジタルサイネージ広告サービスを開始することを、お知らせ致します。
1,300面のデジタルサイネージ。
2010年10月16日

SONY、「Google TV」対応のInternetTVを米国で発売

ソニーは、米国・ニューヨーク州・現地時間10月12日に、世界で初めて“Google TV”プラットフォームを採用し、1台でテレビ視聴、アプリケーション・インターネットコンテンツをシームレスに楽しめるSony Internet TVの米国市場での導入を発表しました。
テレビ一体型「Sony Internet TV」と、ブルーレイディスクプレーヤー内蔵型の「Sony Internet TV Blu-ray Disc Player」の2タイプ。
2010年09月27日

シャープ、新端末「GALAPAGOS」で電子ブックストアサービスを12月より開始

シャープは、ネットワークサービスとそれに最適化した端末により、個々のお客様のニーズに合わせて進化し、新しいユーザー体験を提供するクラウドメディア事業“GALAPAGOS”を開始します。そして、第1弾となる電子ブックストアサービスを本年12月(予定)よりスタートし、専用端末のメディアタブレット2機種も同時に発売いたします。
「GALAPAGOS」は5.5型と10.8型の2タイプ。「電子ブックストア」は新聞、雑誌、書籍など約30,000冊提供。
2010年08月15日

JR東日本ウォータービジネス 「次世代型新飲料自販機」

次世代型新飲料自販機

JR東日本ウォータービジネスが、大型タッチパネルディスプレイ・高度なマーケティング頭脳を搭載した「次世代型新飲料自販機」を展開。顧客属性を判定しておススメ商品を表示してくれるそうで、各種コンテンツはWiMAX網で配信。品川駅に設置中。

●プレスリリース:JR東日本ウォータービジネス(PDF)

2010年08月05日

JR西日本コミュニケーションズ、大阪駅構内で大型デジタルサイネージ広告の実証実験

ジェイアール西日本コミュニケーションズは、広告媒体としてのデジタルサイネージの可能性を検証するために、大日本印刷、美人時計、チアーズと共同で、平成22年8月6日(金)〜12月31日(金)まで、駅構内では初となる大型デジタルサイネージで「美人時計」を配信します。
42型ディスプレイを12面搭載したDNPの「トールビジョン」を採用。
2010年08月03日

セブンネットショッピング、電子書籍市場に参入

セブン&アイ・ホールディングスは、電子書籍による新たなビジネスを展開いたします。
2010年度内には、既に開始している「セブン de 立ち読み」にてユーザーが書籍・雑誌に掲載されている商品をセブンネットショッピングで購入した際、出版社に販売ロイヤリティが発生するスキームを導入。
2010年07月20日

シャープ、電子書籍ソリューションで電子書籍事業に参入

今までの「テキストや静止画」に加え、「動画や音声」が楽しめ、コンテンツの表現力をさらに高めた次世代電子書籍フォーマットXMDFを開発しました。この技術をもとに、出版社・新聞社・印刷会社・取次会社など国内外の関係各社の協力を得ながら、本年内にも、配信サービスとタブレット端末を組み合わせた新しい電子書籍ソリューションを提供し、電子書籍事業に参入します。
動画や音声を含むデジタルコンテンツ閲覧、文字サイズに合わせて自動で段組みを変えられる。
2010年06月22日

広告を見た人の性別や年齢層などを測定する「電子看板」実験

「顔認識システム」を搭載し、広告を見た人の性別や年齢層などを測定する「電子看板(デジタルサイネージ)」の実験が21日、東京都内の20駅で始まった。実験は1年間で、国内の公共交通機関では前例のない規模だ。
首都圏の鉄道会社や系列広告会社11社が「推進プロジェクト」を結成。
2010年06月16日

ビズライト・テクノロジー、Twitterを反映できるデジタルサイネージ「Furelo TL」発売

株式会社ビズライト・テクノロジーは、Twitter上のつぶやきを取り込んだコンテンツを生成、再生できるネットワーク型デジタルサイネージ(電子看板・情報表示板)『Furelo TL』を発売します。従来、広告配信型デジタルサイネージは、コマーシャルフィルムやポスターの再生が主体でしたが、『Furelo TL』では、Twitter上の“つぶやき”を自動収集し、CM素材とユーザーの声を組み合わせたコンテンツを作成、再生する機能を搭載しました。駅構内やイベント会場などリアルな場面で、昨日や今日に発せられたリアルタイム性の高いユーザーの声を反映した新しいプロモーションコンテンツを再生できます。
オンライン管理画面では、つぶやきの選定、CFや商品写真などとつぶやきを組み合わせた再生映像の作成、各デジタルサイネージへの配信、などが可能とのこと。
2010年06月11日

大日本印刷とエンターサイネージ、デジタルサイネージを活用した大学生向けプロモーション事業を展開

大日本印刷株式会社は、エンターサイネージ株式会社と業務提携し、本年7月より、デジタルサイネージ(電子看板)を活用した大学生向けプロモーション事業を展開していきます。
2012年度までに、大学に近い駅やショッピングセンターにデジタルサイネージやキオスク端末など100台を設置する計画。
2010年03月27日

電通、デジタルサイネージ「デジタルアートボード」の実証実験を開始

株式会社電通は、昨今注目を浴びているデジタルサイネージ分野において、美術作品との連動などにより「アートコンテンツ」に特化し、「アート」と「広告」とを融合させた新しい広告媒体「デジタルアートボード」を開発し、3月27日より東京ミッドタウンにて実証実験を行います。
60インチ縦型モニター6面を連結、高さ約2メートル液晶ディスプレイ。東京ミッドタウンのプラザ地下1階のインフォメーション付近に設置し放映。
2010年02月16日

講談社とCOMEL、Twitterを用いたオリンピック速報をデジタルサイネージで配信

株式会社講談社とソフトバンクグループのCOMEL株式会社は、2010年2月13日(土)より、バンクーバーオリンピックの期間中、現地の最新情報をTwitterと連動したテキストコンテンツ及び写真をメインにした『瞬刊誌』を用い、時間帯別にCOMELが運営するデジタルサイネージ「街メディア」へ配信を開始しました。
競技の時間帯は、講談社の現地特派記者がつぶやいた情報を放映。その他の時間帯は、最新写真を随時更新、放映。
2010年01月24日

ソニー、デジタルサイネージASPサービスを提供開始

ソニーは、最大10,000台の広域・多拠点へのコンテンツ配信を可能にするデジタルサイネージサービスプラットフォーム「BEADS」を活用した2種類のASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)サービス「ASP Pro」、「ASP Entry」を2月15日(月)より提供開始します。
サーバー投資が不要なため、低コストでスピーディーにデジタルサイネージを導入できるとの事。
2009年12月01日

NTTドコモ、大阪ミナミで大型3D演出動画広告を実施

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ関西支社では、12月1日(火曜)から12月6日(日曜)までの6日間、来春開業予定の大阪・道頓堀戎橋に隣接する複合商業施設「Luz Shinsaibashi」の壁面に、日本で初めて注意となる大型の3D演出動画広告を展開。
「3D VIDEO MAPPING」という技術を用いたオリジナルシステム「3D Lighting art billboard」で投影。見に行きます。
2009年11月30日

東急やNECなど、ソーシャル・ブックマーキング「pin@clip」の実証実験を開始

株式会社東急エージェンシーは、東京急行鉄道株式会社、日本電気株式会社、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所と共同で、街なかソーシャル・ブックマーキング「pin@clip ピナクリ」の実証実験を、12月1日から渋谷駅周辺において開始します
経産省「e空間実証事業プロジェクト」の一環として実施。
2009年11月27日

ベネトン、拡張現実を駆使した雑誌「COLORS」

ベネトンのコミュニケーション・リサーチ・センター「ファブリカ」が発行している雑誌「COLORS」76号から、紙面だけでなくオンラインでも楽しめる新しいコンテンツが登場しました。 COLORSのウェブサイトにログインし、雑誌に印刷された白と黒の正方形をWebカメラにかざすと、紙面上の人物が動き出します!
雑誌の中のモデルが動きます。ARがいろんなメディアと連携。
2009年11月04日

モバイル表現研究所 「PhoneBook」

PhoneBook

モバイル表現研究所が、iPhoneと本を組み合わせたハイブリッドな本「PhoneBook」コンセプトモデルを開発。第1号は絵本で、2010年春に講談社から出版予定。今後はパンフレットやアートブックなどいろいろ展開してくそうです。はやく触ってみたい。

●プレスリリースはこちら(PDF)

2009年10月21日

エディパ、オンライン試着システム「VirtuaFitter」をリリース

Virtua Fitterは、PCとWebカメラ、またはデジカメや携帯などで撮った写真などを利用し、エディパ独自の生体認識システムで正確に『人物』を判断。仮想空間にて利用者の身体のサイズに合わせた試着を実現するシステムです。
デモもあります。高解像度のWEBカメラが欲しいです。
2009年10月08日

ヤフー、米ヤフー「TV Widgets」を日本で開始

TV Widgetsとは、お客様がテレビを視聴しながらテレビ上でインターネットコンテンツを楽しめるアプリケーションです。例えばテレビを視聴しながら好きなスポーツの試合動向や株式情報を表示したり、最新のニュースや天気を閲覧することができます。
メーカー、放送局、コンテンツプロバイダーと協業で展開。
2009年10月07日

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」日本でも発売

米Amazon.comは、電子書籍リーダー「Kindle」を日本を含めた世界100カ国以上へ10月19日から出荷開始する。予約は10月7日からで、米国のAmazon.comのみでの販売となる。価格は279米ドル。
でも日本語のデジタル書籍やKindle日本語版の発売は未定。
2009年10月05日

サンリオなど5社、サイネージ事業で提携

サンリオエンターテイメント(サンリオ)とデジタルハリウッド大学大学院、イノベーションアーティスツ、しくみデザイン、日立製作所の5社は10月2日、共同でデジタルサイネージ事業「てれびあそび」を開始すると発表した。
「てれびあそび」は、しくみデザイン「Saika」の機能を利用。
2009年09月24日

頓智・ 「セカイカメラ」

セカイカメラ

頓智・の拡張現実(AR)インタフェース「セカイカメラ」がiPhoneに登場。カメラ越しに世界を見ると、いろんな情報がエアタグとして見れます。朝からみんなiPhone越しにエアタグ眺めてます。

2009年09月14日

電通とヤッパ、「MAGASTORE」販売開始

株式会社電通は、株式会社ヤッパとの提携事業である電子雑誌の専門販売事業「MAGASTORE(マガストア)」を本日より開始いたします。
先日のリリースが稼働。現在計16誌です。
2009年07月08日

電通とヤッパ、電子雑誌有料配信サービス「MAGASTORE(マガストア)」を今夏より開始

株式会社電通は、デジタルコンテンツ配信技術の有力企業である株式会社ヤッパとの提携により、電子雑誌を携帯電話等で有料販売する電子雑誌の専門販売事業「MAGASTORE(マガストア)」を今夏より開始します。
まずはiPhoneアプリで開始し、後にPCやゲーム端末でも開始。将来的には広告も配信予定。
2009年04月09日

COMELとヤフー、デジタルサイネージとインターネットを連携させた共同実験

今回の実証実験では、COMELが福岡市内に展開するデジタルサイネージに、「Yahoo! JAPAN」上で展開している様々なコンテンツと広告を配信し、視聴者の属性および配信されたコンテンツと広告の視認率を、ディスプレー付近に設置した顔認識カメラとNEC製の顔認証技術を用いた広告価値測定システムを用いて計測します。
各所で進められていた技術・サービスが合体して実験。
2009年03月04日

「食べログ」とCOMEL、ディスプレー別にグルメ情報を配信

COMEL(コメル)株式会社は、同社が運営するデジタルサイネージ「福岡街メディア」と、株式会社カカクコムが運営するグルメ・レストランの口コミサイト「食べログ」をインターネットで連携させ、エリアに根ざした情報コンテンツとして「あなたの街の口コミグルメランキング」を2009年3月4日より福岡街メディア」にて配信します。これは、ディスプレーの位置情報と飲食店の所在地を紐付けてディスプレー別に配信する日本初のサービスとなります。
第一弾は「口コミラーメンランキング」を、各ディスプレーの位置情報と「食べログ」のAPIを連携させ、ディスプレー別に配信。
2009年03月03日

講談社ジャーナル・ラボとCOMEL、デジタルサイネージで「瞬刊フライデー」と「瞬刊現代」を雑誌発売前日に配信

株式会社講談社とソフトバンクグループのCOMEL(コメル)株式会社は、講談社のニュース次世代メディアの研究機関であるジャーナル・ラボが開発した「瞬刊誌」という新しいメディアを、「瞬刊フライデー」と「瞬刊現代」として、COMELが運営するデジタルサイネージ「福岡街メディア」で発売前日に配信する実証実験を3月4日より行います。
「瞬刊誌」とは、週刊現代・フライデーのスクープ記事を3秒のコピーと3秒の写真で配信し、間に広告を挟む。
2009年03月03日

JR東日本企画、モバイル誘導駅ポスター「SuiPo nano(スイポナノ)」

SuiPo nanoは、小型のFeliCaタッチデバイスを利用した新媒体で、おサイフケータイをタッチするだけで モバイルサイトに誘導する事が可能です。
3月8日までJR渋谷駅で実施中。次は「SuiPo shuffle」。
2009年02月17日

電通とNTT、デジタルサイネージの広告配信実験を開始

日本電信電話株式会社と株式会社電通は、デジタルサイネージの広告メディアとしての価値を確立し、メディア化を推進するためのフィールド実験を共同で実施します。
1日約350万人が視聴可能な規模。広告コンテンツ提供企業は、花王、サッポロビール、日本コカ・コーラ、NTT、日本マクドナルド、パナソニック。
2008年12月18日

トランスコスモス、「SuiPo Promotion Package」提供開始

トランスコスモス株式会社は、新たなプロモーション商材として、株式会社ジェイアール東日本企画が提供するSuicaポスター「スイポ(SuiPo)」にモバイルキャンペーン機能を組み合わせた、交通広告とモバイルプロモーションのワンストップソリューションの提供を開始します。
モバイルSuicaなどのおサイフケータイやFeliCaカードをタッチして、交通広告の続きはケータイ。
2008年12月12日

産経デジタル 「産経新聞 iPhone版」

産経新聞 iPhone版

産経新聞の「iPhone版」が登場。産経新聞朝刊を、紙面と同じレイアウトで閲覧できるアプリ。しかも無料。もちろんちゃんと読めます。

2008年11月16日

3M、手のひらサイズのプロジェクタ「MPro110」

3Mマイクロプロフェッショナルプロジェクター「MPro110」。小さいプロジェクタ欲しいと思っていたら、いきなり手のひらサイズになって登場。映像サイズ(対角)は8型~48型で投影できて、約40~60分使用できるそうです。直販価格5万6490円(送料込み)。欲しい!

2008年10月01日

CEATEC JAPAN 2008

CEATEC JAPAN 2008

今年も「CEATEC JAPAN 2008」が開催されてますね。世間ではデジタルサイネージなどが注目されていたりしますが、すぐそこの未来を感じる面白アイテムが続々発表されております。↑サイトには、リリース内容をまとめた「Webマガジン」があってありがたいです。

2008年08月21日

NTTドコモ、法人向けASPサービス「MobilePenサービス」提供開始

「MobilePenサービス」は、専用紙にデジタルペンで記入した内容を即時にデジタル化してサーバーに送信できるため、事務処理センターなどに紙の郵送やFAX送信をすることなく、遠隔にある事務所などからパソコンで記入内容を確認することができます。
ペンに蓄積された情報はBluetooth経由で携帯電話に転送。
2008年08月20日

ブリヂストンと毎日新聞、デジタルサイネージの実証試験

株式会社ブリヂストンと株式会社毎日新聞社は、東京都交通局の協力を得て、8月19日(火)から都営地下鉄浅草線「新橋駅」と都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」構内で、電子ペーパーを使ったニュースと広告掲示を行うデジタルサイネージの実証試験を行います。
駅の壁面に貼り付けてある新聞が電子ペーパー化した感じ。カラーとモノクロのA3サイズ。
2008年08月08日

富士通、ワンセグコンテンツ配信システム「スポットキャスト」

店頭や店舗内のショーケース、展示品などの前にいるお客様に対し、商品説明やクーポン発行サイト情報などのコンテンツを、微弱電波を利用し、携帯電話などのワンセグ対応端末に配信するシステム「スポットキャスト」を発売します。
オリンピック視聴でワンセグの便利さを始めて実感中。
2008年07月25日

NTTレゾナント、駿河台学園、フロムページ、予備校にデジタルサイネージを設置

NTTレゾナント株式会社は、学校法人駿河台学園ならびに株式会社フロムページと連携し、予備校に設置したディスプレイ上で、大学案内や入試情報を映像で配信するデジタルサイネージ「CampusChannel(キャンパスチャンネル)」のトライアルを開始します。
大学紹介映像や、「FeliCa」カードリーダータッチで携帯電話から請求請求ができる。
2008年07月17日

NEC、「お台場冒険王ファイナル」に顔認識技術を用いたデジタルサイネージソリューション

NECは、株式会社フジテレビジョンに対し、顔認識技術を用いて顧客属性(性別・年齢層)に合わせた広告を電子ディスプレイに配信し広告価値測定まで行う「デジタルサイネージソリューション」を導入しました。
タバコの自販機の顔認証やってみました。顔認証発展中。
2008年07月14日

東京駅に「デジタルポスター」登場

ジェイアール東日本企画が運営する「デジタルポスター」が東京駅八重洲南口コンコースに設置された。時間帯や曜日によって異なる情報を表示できるなど、多彩な表現に対応するのが特徴。この裏で携帯電話網が活躍している。
ITmedia+Dモバイル:東京駅に「デジタルポスター」登場―裏で携帯電話網が活躍
携帯電話網でコストダウン。現在はイー・モバイルが提供、今後はUQコミュニケーションズ
2008年06月25日

放送局、通信事業者、家電メーカー、「IPTVフォーラム」設立

IPTVサービスの実現と普及を目指し、送信/受信機器に関する規定や、受信仕様、技術仕様の策定/運用などを担当。さらに、IPTVサービス共通課題の検討や高度化により、利用者の利便性向上などを目的としている。IPTVフォーラム
AV Watch:IPTV規格の標準化を担う「IPTVフォーラム」が設立
めざせIPTV規格の標準化、でもまだまだ調整が沢山必要そうです。
2008年06月18日

ソニー、「デジタルサイネージ広告配信サービス」を開始

デジタルサイネージディスプレイを広告効果の高い場所に設置し、多様なコンテンツを放映する新たな広告配信事業です。ディスプレイの設置場所の選定から機器の手配・設置、放映する広告の受注、コンテンツ制作・配信・保守・監視に至るトータルサービスをソニーグループで提供します。
小売業界を中心にインストアメディアの拡大を行うとのこと。スーパーマーケット向け専用チャンネル「ミルとくチャンネル」をソニーが展開するそうです。スーパーとかにある映像って何故か見てしまいます。
2008年05月27日

UNIQLOCK×街メディア

ソフトバンクグループのCOMEL(コメル)株式会社は、株式会社ユニクロがユニクロのグローバル・プロモーションとブランド認知を目的として展開している『UNIQLOCK』プロモーションの第3弾を、本日より1カ月間、COMELが運営し、デジタルサイネージシステムを活用する「街メディア」を通じて展開します。
福岡と横浜で展開されるとの事。面白い組ませ方ですね。あのブログパーツが大きな画面で見れるのは良さそうです。
2008年05月14日

JR東日本 東京駅「デジタルポスター」

デジタルポスター

JR東日本が、東京駅八重洲南口コンコースに「デジタルポスター」を設置。この液晶ディスプレイ「デジタルポスター」は、携帯通信網等の無線技術で広告を配信しており、曜日・時間によって広告の内容を変更できるそうです。見に行きます。

●プレスリリース(PDF):JR東日本「東京駅「デジタルポスター」設置について」

2008年03月18日

巨大スクリーンにタッチ

これは体験してみたい。。「セビット2008」という世界最大のICT見本市映像とのこと。2年前にこの映像を見た時はかなり衝撃でしたが、発展バージョンになって、もう見本市でさわれる所まで来ています。

●情報:Ad Innovatorさま

2008年02月16日

NRI 「クリエイティブ産業への変革シナリオ」

クリエイティブ産業への変革シナリオ

野村総合研究所により、2010年代、国内のメディア・コンテンツ産業変革シナリオがイメージムービーになって公開されています。普段からよく話に出てくるような理想的な未来像や、実際始まっている出来事を織り交ぜながらのムービーであり、自分なりの考え(予測)と交差させて見てみるのも面白いです。

●関連記事:NRIが示す未来像 - ITmedia News

2007年12月03日

COMEL デジタルサイネージを活用した「街メディア」

デジタルサイネージシステム
デジタルサイネージシステム

街(駅・商業施設)のディスプレイがネットワークに繋がって、いろんなコンテンツをリアルタイム配信、という「街メディア」をソフトバンクグループのCOMELが開始。まずは横浜みなとみらい21の各施設にてイベント情報を放映。良い頃合の場所に設置しないと素通りされやすいのでご注意。

2007年11月28日

凸版印刷 電子ペーパーサイネージの共同実証実験を開始

電子ペーパーサイネージ

電子ペーパーサイネージの実証実験(地下鉄仙台駅)。時間・曜日に応じて内容が変化します。サイズは72インチと大きいですねぇ。少しずつ利便性の高い所は紙から電子化されてきております。

2007年10月11日

慶應義塾大学 脳内イメージでコンピュータを操作、頭の中で考えただけでSecondLife内を「散歩」できる技術開発に成功

頭の中で考えただけで3D バーチャルコミュニティ・サービス「SecodLife」内を散歩できる、ブレイン・コンピュータ・インターフェース技術の開発に成功しました。
数段飛ばしでステップアップした感じのニュースです。すごいですねぇこりゃ。
2007年10月03日

NTTドコモ 人体通信と電子ペーパーキーパッド

CEATEC JAPAN

「CEATEC JAPAN 2007」やってますねぇ。行きたいなぁ。。体験はできなくてもネットで情報は見れるので我慢するとして、ドコモの展示が面白いのでご紹介。

気になったのは、人体に微弱な電気信号を通して通信する「人体通信」。技術自体は数年前からありますが、携帯電話に搭載されたのははじめて?でしょうか。体や手で通信できるとなると、タッチしたり床を踏むだけで承認・決済してしまうというETC的な便利さや、握手だけで名刺交換ができたり、携帯電話のデータ転送も指一本でPCへ。。。などいろいろ想像できます。

もう一つは、携帯電話のキーが電子ペーパーの「電子ペーパーキーパッド」。これは用途に応じてキーの内容が変わるようです。携帯電話のキー部分のような決まった領域・スペースを、違った用途で使えるとなると、携帯電話の機能もさらに進化しそうです。

いずれにしても研究・実験されている技術が、既存のメディアなどに搭載される事によっての発展は見ていて夢が広がりますね。
あ~実物見てみたい。。

2007年09月10日

NECソフト 「性別・年齢層自動推定システム FieldAnalyst」

FieldAnalyst

カメラがとらえた映像から、性別や年齢を自動的に推定しデータを蓄積できるそうです(プライバシー保護のため映像は蓄積しない)。精度が気になりますが、もうこんな事できるんですね。

2007年09月03日

D2Cなど4社 「アクトビラ」でペイパーコールサービスを開始

ディーツーコミュニケーションズ(D2C)、オプト、コムスクエア、アクトビラの4社は9月3日、ドコモコインを活用した「アクトビラ」上でのペイパーコールサービスを開始した。 
アクトビラ ビデオ」始まりましたね。それに加えてペイパーコール。
2007年08月29日

ぐるなび 「ぐるなびタッチ」

ぐるなびタッチ

お店で端末にかざすだけで特典ゲット。店舗にとってはリピーター促進ツールとしていろんな事(スタンプカード代わり等)ができるそうです。よくある販促ツールですが、ぐるなび連携であれば強力です。

●ニュースリリースPDF:新サービス『ぐるなびタッチ』スタート

2007年08月25日

Hyposurface

Hyposurface

動く壁です。ピストンの動きでコントロールしているそうで、↑ムービーではみんな触れています。これ実物のインパクトはかなり凄そう。

●情報:Gizmodo Japanさん

2007年08月22日

バーチャルキーボード

バーチャルキーボード

Celluonのバーチャルキーボード、いつの間にかもう売ってるんですねぇ。普通にオンラインで購入できるようです。Microsoft Surfaceってのも出ましたし、「マイノリティ・リポート」の世界はもうすぐ!?とにかく欲しいです。

●情報:Gizmodo Japanさん

2007年08月14日

エンターテイメント体験の共有

Human Joysticks」みんなでブロック崩し、これやりたいです。ゲームで協力プレイした人、たまたまお化け屋敷に一緒に入った知らない人達、といったエンターテイメントなインタラクティブな体験を一緒にした人達とは謎の仲間意識が芽生える。エンターテイメント体験の共有が仲間意識を強くし、そのエンターテイメントに愛着がわいてくる。広告がそこに共存し、仲間になればいい話。

2007年08月12日

空間立体描画

空間立体描画

「レーザー光の焦点で空気中の酸素や窒素の分子をプラズマ発光させる仕組み」という難しい感じですが、日本製の3次元立体映像です。「Cheoptics360」もすごかったですが、立体映像使っていろいろやってみたいです。

●情報:Buzzoookaさん

2007年08月11日

MotionPortrait

MotionPortrait

1枚の写真から自動的に3次元モデルを生成して、↑のようなアニメーションができるそうです。マウスの動きに合わせて動いてくれます。この手の技術はいくつかありますが、「MotionPortrait」の動きは非常にスムーズ。そういえばauの「絵しゃべりメール」もありますね。

●関連記事1:社長も「ぶったまげた」リアルさ 顔写真を3Dアニメ化する「MotionPortrait」
●関連記事2:PSP版「ハルヒ」にも 顔写真を“3D顔アニメ”にするソニー発の技術

2007年07月28日

ホログラムファッションショー

ホログラムファッションショー

「DIESEL 2008春夏」のファッションショー。すごいですね~、これはファッションショーというよりホログラムショー中心になってます。技術的にはプラスティックフォイルを観客側45度に設置して、天井から投射してホログラムっぽく見せてるそうです。でも面白い。

●情報:Gizmodo Japan

2007年06月27日

オプト 人が触れると変化する映像広告のネットワーク事業を展開

株式会社オプトは、米国Reactrix Systems,Incが開発した、人が触れると変化する投影型映像システム『リアクトリクス』の日本における事業ライセンスを独占取得し、同システムを使った映像広告のネットワーク事業を8月から展開します。
米国で話題になってたものですね。是非一度体験したいです。
2007年05月31日

Microsoft Surface

Microsoft Surface

Microsoft Surface

未来が手元にやってきました。いくつかこのブログでも紹介してましたが、もう今年中には触れるそうです。サイトのムービーを見れば、いろんな未来イメージが想像できます。マウス・キーボードの生活が、何かに変わる日は来るのでしょうか。

●関連情報:MS、テーブル型PC「Microsoft Surface」を公開

2007年05月25日

野村総合研究所 2012年までの三次元仮想世界の進展を予測した「ITロードマップ」

ITロードマップ

ネタ的に今盛り上がりやすい三次元仮想世界ですが、野村総合研究所が今後を予想しております。2009年頃からビジネスが本格化される予想です。個人的には好きな分野ですし、「PlayStation Home」も気になりますが、まだちょっとわからないですね日本。

2007年05月24日

SONY カラーの有機TFT駆動有機ELディスプレイ

カラーの有機TFT駆動有機ELディスプレイ

お~、フルカラーのディスプレイが曲がっております(基板はプラスチックフィルム)。動画ももちろん動きます。年々バージョンアップしてきてますねぇ。数年以内にOOHが面白くなりそうです。

2007年05月08日

DNP おサイフケータイ向け情報配信システム『PetitPorta(プチポルタ)』

Biz-Quality

おサイフケータイをかざすと、情報が掲載されているURLがをおサイフケータイに配信されるそうです。QRコードよりかは簡単に情報入手ができそうです。「ToruCa」は。。

2007年04月20日

富士通フロンテック 世界初「カラー電子ペーパー」端末発売

電子ペーパーは一般の液晶ディスプレイと異なり、電源を切っても画面表示をそのまま保てるのが特徴。白黒の電子ペーパーを使った読書端末などは発売されているが、カラー電子ペーパー搭載端末は世界初としている。
実用化が近づいてきております。Windows CEが搭載されているようで、コンテンツ配信などが用意されるそうです。いずれはデジカメくらいの価格にしたいとの事。
2007年03月06日

富士通 ワンセグコンテンツ配信システム「スポットキャスト」

StyleWalker

微弱電波を利用してワンセグにコンテンツ配信できるそうです。実はいろいろできるワンセグ、「ToruCa」と共になかなか派手にお目見えしませんがお待ちしております。

2007年01月22日

次世代インターフェイスの衝撃 2

Flib

マイノリティ・リポートの世界がまた進化しています。前回はこんな感じ。Wiiもハードですが、これも操作するのハードです。ちょっと大きすぎるかな。

2006年12月15日

JR山手線 カラー版「電子ペーパーディスプレイ」

電子ペーパーディスプレイ

やっと動き出しました、カラーの電子ペーパー。モノクロに引き続き日立製作所ですね。およそ2分間隔で37社の広告がローテーションするようで、数に限界のあった枠仕様からバナーっぽい仕様になるのかな?で、ネットワーク化されれば時間帯配信やエリア配信などなど。でも記事を見る限りでは、西日とかの反射や角度によってほとんど見えないそうです。まだまだ実験段階ですが一歩前進。

●関連情報:JR山手線内でカラー版電子ペーパー広告実験

2006年12月14日

モバイルWiMAX

WiMAX

モバイルWiMAX対応実験用携帯端末(モトローラ製)、でかいですね。。でもこれが実現化すると、高品質映像をスムーズに転送という事で各所が大忙しになりますね。

●関連情報:ソフトバンク モバイルWiMAX実験用無線局免許の取得について

2006年12月10日

富士電機リテイルシステムズ 「サンプリングマシン」

サンプリングマシン

何だか面白そうなマシンです。会員に対してメールで試供品のお知らせ、試供品は所定の場所に設置されているサンプリングマシンでゲット、履歴データを今後の販促データとしてうんぬん。。試供品配布を通じて生活者とコミュニケーションするポイントを増やす。

2006年11月09日

インタラクティブ・デジタル・サイネージ

インタラクティブ・デジタル・サイネージ

「大画面マルチビジョンに表示される各種情報のなかから、携帯電話を操作卓にかざすことで必要な情報だけを簡単に入手できるシステム(おさいふケータイ機能および、QRコード機能搭載の携帯電話が対象)」ができたそうです。いままでラックにあったフリーペーパーを電子化(しかも好きな部分だけ持っていける)といった感じでしょうか。集客効果を検証するとの事なのでお待ちしております。

2006年11月03日

3次元立体映像「Cheoptics360」

Cheoptics360

これは実物を見たい!立体映像いろいろ見ましたが、これはかなり完成度が高そう。まだまだ装置は巨大っぽいですが期待が膨らみます。

2006年10月16日

モバイルサイトに誘導

広告会議

印刷物からモバイルサイト誘導できますという事で、いろいろ技術が開発されつつあります。最近では、
MagicFinder
FPcode
などなど。現在の方向性としては携帯のカメラを利用したものが一般化しつつ、中でも多く利用されてるのはご存知「QRコード」。
一方、テレビCMからPCサイトへの誘導として「○○で検索!」ってのが流行中でございます。PC検索業界が精査されつつ登場した「○○で検索!」って手法は、近頃発展しつつあるモバイル検索にも流用されるんでしょうか。世間のQRコードが「携帯で○○を検索!」に変更されて、「QRコードの崩壊」って本が発売になって。。。
というのはネタとして、QRコードはなくならないと思いますが、近未来動向としては非接触ICチップ利用も気になりますし、モバイル業界進化と共に「各種メディア→モバイルサイト誘導」の動きに注目です。

2006年09月26日

松下・角川・TBSが電子書籍を共同展開 新会社「ワーズギア」新端末も

松下電器産業、角川モバイル、東京放送(TBS)の3社は9月26日、電子書籍事業を展開する新会社を設立することで合意したと発表した。松下が開発した読書端末の新製品を中核に、配信サービスを進める。
未だにWEBサイトの長文はプリントアウトして読む人が多い中、電子書籍(かなり昔からありますが)はどれくらい利用されているんでしょうか。
2006年09月12日

NTTドコモ 行動推定プログラムを利用した情報配信システムを開発

行動推定プログラム

これは見落としてはいけない情報でございます。RFIDリーダ装着の携帯電話機から、行動した場所・時間などの情報を収集して、その人の状態に応じて情報配信できるというシステム。要はリアル行動ターゲティング(Behavioral Targeting)。これが高島屋で検証されるとの事ですが、一連のモバイル動向とどう組み合わさっていくのかは見ものでございます。ついでに「位置情報×SNS」もどうぞ。

2006年08月31日

3Dポスター

3Dポスター

角度を変えると動いているように見えるペーパー(シール)って昔からありますが、以前販促用の展示会で巨大版を見たときは結構衝撃的でした。東京では屋外広告でたまに見ますが、関西ではあまり見あたらない気がします。実はその3Dポスターの製作技術が進歩して、今こんな感じ↑(参考:サッカーターミネーター)です。実物はもっとすごいと思いますが、街に出てくるのを楽しみにしております。

●情報:GIGAZINEさん

2006年07月31日

SuiPo

Web担当者Forum

Suicaと駅ポスターを連動させて情報配信いよいよ始まりました。初回ユーザー登録の障壁に問題アリとの声が若干ありますが、そこは進化中ということで。結果お待ちしております。
SuiPo公式サイトはこちら。

●関連情報:Suicaポスターにピッ!してきました

2006年07月31日

大日本とシアーズ IC タグによるネットワーク対応型電子 POP システム

従来の電子POPは商品CMなどの映像を流して特定商品をアピールするに留まるものだが、今回開発されたシステムは、ユーザーがICタグをかざすと、事前に登録したユーザー情報を参照、ユーザーの趣味嗜好に合わせた情報を提供できる。
これSuicaと連携したら。。
2006年07月25日

空気中に映像投影

IO2Technology

まだ平面でホログラムとまではいかないですが、空気中に内容が見れる状態で、レイア姫が助けてと言わんばかりの衝撃映像です。こっちの世界進歩求む。

●情報:GIGAZINEさん

2006年07月08日

電器メーカーなど6社 ネット接続デジタルTV向けのポータルを提供する新会社設立

シャープ、ソニー、ソニーコミュニケーションネットワーク、東芝、日立製作所、松下電器産業の6社は7月7日、ブロードバンド接続機能を持つデジタルテレビ向けの「共通テレビポータル」サービスを提供する事業会社「テレビポータルサービス」を共同で設立した。
みんなで入り口ビジネス。
コンテンツビジネスとバランスを保てば幸せ。
2006年06月12日

セイコーエプソン 電子ペーパー開発

電子ペーパー

でましたQXGA(A6)の電子ペーパー。面白い展開になるにはまだ少し時間がかかりそうですが、徐々に進行しております。↑実物が見てみたいです。

2006年05月29日

アウトドアメディアが面白い

電子ペーパー

部署柄デジタルアウトドアメディアについて「マイノリティ・リポート」とか「タイムマシン」とか見て希望を抱きながら追っかけてるんですが、この業界なかなか発展しないですね。。これら映画に登場する近未来メディアのホログラフなど技術的な所は凄いですが、結局のキモはリアルのオプトインとビヘイビアターゲティングでしょうか。
で、実際の技術状況といえば、↑の電子ペーパー試運転って感じです。「SuiPo」なんかは広告媒体として進歩という感じがします。
ということでもっと調べます。

2006年02月15日

次世代インターフェイスの衝撃

Multi-Touch Interaction

これは久々に感動の映像です。NetMarComさん記事で紹介されてましたMulti-Touch Interactionのデモ映像。まさにマイノリティ・リポートの世界。必見です。

2006年01月28日

モバイルSuica

モバイルSuica

「おサイフケータイ」はまだ使ったこと無いですが、近頃「PiTaPa」をよく使うようになりました。正直便利です。店員と小銭をやり取りする必要がないので、ささっと帰れます。そのうち普及すると思いますが、いろんな規格があって利用者側はややこしいですね。
で、モバイルSuicaがスタートしました。どうなんでしょう。若干規制があるそうです。→「モバイルSuicaは“狭き門”

●関連記事:携帯でJR駅改札通過、「モバイルスイカ」28日に開始

2005年09月20日

配布型無料映像メディアの共同事業検証

neo

そろそろどこかがやるかなぁと思ってたら、おみごとチームで開始されました。

凸版印刷株式会社は、株式会社サイバー・コミュニケーションズ、アマゾンジャパン株式会社及びその関連会社、ヴィジョネア株式会社、その他協力企業及び団体64社と共に、配布型無料映像メディアの事業検証として、10月より日本初のフリーDVD『codeNEO(コードネオ)』(商標出願中)の創刊準備号(10万部)を発行します。
これPCが普及し始めたときに、CD-ROMがあっちこっちで配布されたのと手法は同じだけど(見ずに捨てられる率大だったなぁ・・・)、DVDの容量でPCが普及しきった今やるとなると面白いことになるんじゃないかと期待してます。
WEBもROMもまぁコンテンツ次第なんでしょうけどね。

●関連記事:DVDの“フリーペーパー” Amazonの商品に同梱

2005年09月14日

ドコモ おサイフケータイ新機能「トルカ(ToruCa)」

トルカ

おサイフケータイを店頭などに設置されるリーダーライターにかざすだけで、店舗情報やクーポン券といった情報を取得できる新機能「トルカ(ToruCa)」が今冬搭載。
iチャネル」にも期待していたんですが、また面白い機能が搭載。
どうにかならないかと試行錯誤してた導線ヶ所が一気に解決される兆しあり。どんどん増えるコンタクトポイント。面白くなるが如し。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  | All pages