広告会議TOP › 広告・デジタル会議  › WEB関連
WEB関連
2009年10月13日

アドビ、iPhone向け「Photoshop.com」アプリを米国内で無料提供

Adobe Systemsは米国時間10月9日、「iPhone」ユーザー向けに新たな「Photoshop」ブランドのアプリケーションをリリースした。iPhoneや「Photoshop.com」のオンラインライブラリに保存されている写真の編集が可能になる。
類似アプリはありますが、アプリもオンラインとの連携でいろいろ面白く便利になってきました。でもこのアプリ、日本はまだです。
2009年10月06日

Adobe、iPhoneアプリを作れる「Flash Professional CS5」発表

米Adobe Systemsは10月5日、米AppleのiPhone向けアプリケーション開発を可能にするオーサリングツール「Flash Professional CS5」を発表した。年内にAdobe Labsからパブリックβをリリースする予定。
モバイル界隈ネタの盛り上がり。HTML5の話も盛り上がり中。
2009年10月05日

「アメーバピグ」に「テレビ朝日ランド」登場

株式会社サイバーエージェントが運営する「Ameba」は株式会社テレビ朝日と提携し、自分そっくりなキャラクターで遊べるコミュニティサービス「アメーバピグ」上に、2009年10月5日より「テレビ朝日ランド」をOPENいたします。
テレビ朝日で放送される番組でも「アメーバピグ」との連動企画を実施・放送。
2009年09月16日

CGMマーケティング 「Tweetmanager」

Tweetmanager

CGMマーケティングが法人向けtwitter管理ツール「Tweetmanager」を公開。発信管理、受信管理、フォロワー管理、RSS設定が主な機能。すでに数社利用しています。

2009年09月07日

「GyaO! Presented by Yahoo! JAPAN」と「GyaO!ストア Presented by Yahoo! JAPAN」公開

ヤフー株式会社の子会社である株式会社GyaOは本日、無料映像配信サイト「GyaO! Presented by Yahoo! JAPAN」と有料映像販売サイト「GyaO!ストア Presented by Yahoo! JAPAN」を公開しました。
「Yahoo!映像トピックス」やYahoo! JAPANの各サービス、テレビ局とも連携して行くそうです。
2009年07月08日

Google、独自OS「Google Chrome OS」を発表

Google Chrome OS はオープンソースの軽量オペレーティング・システムであり、当初はネットブックをターゲットとしています。Google は年内にそのソースコードを公開します。それにより、2010 年後半には Google Chrome OS 搭載ネットブックが市場に登場することになるでしょう。
ついにOS。オープンソース、スピード、シンプル、セキュリティ。
2009年07月08日

シックス・アパート、「Movable Type 5」発表

ブログ・ソフトウェアおよびサービス大手のシックス・アパート株式会社は、ウェブサイト管理ソフトウェアの最新版「Movable Type 5」を発表いたします。
あ、やっと4使いだした所だったんだけど、早くも5登場。
2009年06月17日

mixi、「mixi公認 有名人アカウント」開始

株式会社ミクシィは、本日より、ソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)『mixi』において、タレント・アーティストとファンとの交流を促進する「mixi公認 有名人アカウント」を本格的に提供開始いたします。
230名以上のタレント・アーティストが登録されています。
2009年06月01日

マイクロソフト、次世代検索サービス「Bing」リリース

次世代の検索サービスおよびそのブランド「Bing」(ビング)について公表しました。ユーザーがより迅速に、適切な情報に基づいた意思決定できるように支援することを目標とし、その第一歩という位置づけです。Bingは、従来の検索サービスの利点を踏襲しつつも、ユーザーがより良い選択を行えるよう、今までとは異なるアプローチでデザインしたユーザーエクスペリエンスと直観的なツールを提供します。
検索結果左にナビゲーションなど新しいものになっています。MSNからどうぞ。
2009年05月30日

Google、「Google Wave」を発表

Google Waveは、メール、IM(インスタントメッセージング)、ドキュメント共有などを統合したリアルタイムのコミュニケーション、コラボレーションサービス。ユーザーはまずコミュニケーションの場となる「wave」を作成し、そこに参加して欲しいメンバーを加える。メンバーはリアルタイムで会話しながら、wave上のドキュメント、写真、地図、ガジェットなどを利用したり編集でき、ほかのオンラインコンテンツを追加することもできる。メンバー間のやりとりは履歴として保存される。
理解するのがなかなか難しいサービスですが、そういったものは時として化けてくれます。