広告会議TOP › 調査・資料会議  › データ
データ
2013年02月22日

電通 「2012年日本の広告費」

株式会社電通は2月21日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2012年(平成24年)日本の広告費」を発表した。
日本の総広告費は5兆8,913億円、前年比103.2%。
2012年08月28日

博報堂DYメディアパートナーズ、元ヤン・元ギャル男女の「メディア・生活実態調査」

株式会社博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所は、自称元ヤン・元ギャルを対象に、消費行動・メディア行動の実態を把握する「元ヤン・元ギャル男女メディア・生活実態調査」を実施しました。
「元ヤン・元ギャルは仲間や家族との絆が大切」「情報源はテレビと携帯・スマホでのネット。SNS には頼らない」「元ヤン・元ギャルはメリハリ消費」
2012年02月24日

電通 「2011年日本の広告費」

株式会社電通は2月23日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2011年(平成23年)日本の広告費」を発表した。
日本の総広告費は5兆7,096億円、前年比97.7%。
2011年06月09日

電通総研 若者問題研究所、高校生のリアルを描くアニメーションレポートを公開

電通総研「若者問題研究所」は、2010年9月に高校生を対象に実施したアンケート調査結果を元に、アニメーションレポート『シナがわの時代 ~みんなとシナジー~』(全4話)を制作しました。2011年6月9日よりホームページにて順次1話ずつ公開していきます。
第1話:シナがわ意識が育まれる世代的背景、第2話:女子高校生の学校の友達との付き合い方、第3話:周囲の目を気にする男子高校生と恋愛意識、第4話:インターネットのコミュニケーション実態。の全4話です。
2011年02月24日

電通 「2010年日本の広告費」

株式会社電通は2月23日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2010 年(平成22年)日本の広告費」を発表した。
2010年日本の総広告費は5兆8,427億円、前年比98.7%(前年比1.3%減とマイナス幅が大幅に縮小)。
2011年02月15日

AMN、ソーシャルメディア活用企業トップ50を公開

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社は、このたび、日本企業におけるツイッターやブログ、 mixiやFacebookなどのソーシャルメディア活用度に関する企業調査を行い、国内でソーシャルメディアを積極的に活用している企業のトップ50リストを「ソーシャルメディア活用企業トップ50 」としてまとめましたので、発表いたします。
1位日本コカ・コーラ、2位サントリー、3位セガ。
2010年12月24日

博報堂DYMP、メディア環境研究所「MEDIA LIFE 2020」を発表

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所は、2020年のメディア環境を「DYNAMIC MEDIA(ダイナミック・メディア)」と予測し、象徴するキーワードで解説する「MEDIA LIFE 2020」を発表しました。
生活者のメディア生活に関する7つのキーワードとポイント。
2010年05月19日

ADKインタラクティブ ソーシャルメディアポリシー

企業がソーシャルメディアマーケティングを展開するにあたっては、ソーシャルメディアポリシー(ソーシャルメディアに参加するうえでの基本原則)を持つことが大切です。ADKインタラクティブは、企業にソーシャルメディアポリシーの策定を提案するにあたり、まずは自社向けのソーシャルメディアポリシーを策定すべきだと考えました。こうしてできたのが「ADKインタラクティブ ソーシャルメディアポリシー」です。
抜粋したものが公開されています。
2010年05月06日

総務省、平成21年「通信利用動向調査」の結果

総務省では、この度、平成22年1月に、世帯及び企業における情報通信サービスの利用状況、情報通信機器の保有状況等について調査した「通信利用動向調査」の結果を取りまとめました。
インターネット利用者数は9,408万人、人口普及率は78%。
2010年03月11日

サイバーエージェント、女性ブロガーの実態を調査する「AmebaGG研究所」設立

株式会社サイバーエージェントが運営する「Ameba」は、女性向けソーシャルメディア「AmebaGG」において、女性ブロガーを対象に調査をおこなう「AmebaGG研究所」を2010年3月11日に設立いたします。
2万人を超える「AmebaGGメンバーズ」で調査。第1回調査はこちら(PDF)
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages