広告会議TOP › ビジネス会議  › 新会社・組織設立
新会社・組織設立
2011年07月27日

ADKと電通デジタル・ホールディングスと電通、ネット系メディアレップ「ADKデジタル・コミュニケーションズ」設立で契約締結

株式会社電通および株式会社電通デジタル・ホールディングスと、株式会社アサツー ディ・ケイの間で、DDHとADKの合弁によるネット系メディアレップ「株式会社ADKデジタル・コミュニケーションズ」を設立することで、契約を締結しました。
ADDCはDDHグループと連携しながらメディア・オペレーション業務の効率化を図る。また、DDHグループとADKは、ADDCを核に、デジタル・ビジネス領域全般における次世代型ビジネスモデルの開発に関する研究を行う。
2011年07月19日

博報堂、「株式会社博報堂コンサルティング」を設立

博報堂は、博報堂グループのコンサルティング会社である、株式会社博報堂ブランドコンサルティングと、博報堂内組織であるコーポレートデザイン部を統合し、2011年8月1日に、新たに「株式会社博報堂コンサルティング」を設立いたします。
企業のブランド構築と事業変革を実現するコンサルティング会社として事業展開。
2011年07月08日

電通、電通デジタル・ホールディングスとADK、デジタル・ビジネス領域での合弁会社設立で基本合意

株式会社電通および株式会社電通デジタル・ホールディングスと、株式会社 アサツー ディ・ケイの間で、DDHと ADK において、デジタル・ビジネス領域における協業を行うための合弁会社を設立することで、基本合意に至りました。
新会社の平成23年内の営業開始へ向けて詳細を検討する。
2011年07月05日

電通、中国事業展開に関する経営・事業戦略コンサルティング会社

株式会社電通は、クライアントの主に中国事業展開に関する経営・事業戦略コンサルティング会社として株式会社クロスフェイスを東京都内に設立し、本日より営業を開始いたします。
年内にクロスフェイスの子会社を上海に設立予定。
2011年06月10日

博報堂DYメディアパートナーズ、「ミライテレビファクトリー」を設置

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、次世代テレビ受像機の普及に伴うテレビビジネスを検討する組織「ミライテレビファクトリー」を設置し、活動を開始します。
「テレビの未来」と「未来のテレビ」の研究・開発を実施し、新しいテレビビジネスを創造していくことにチャレンジ。
2011年05月30日

オプト、インターネット広告配信・効果測定事業を会社分割し、CCCと共同運営

オプトは、Xrost事業(インターネットにおけるユーザーのマーケティングデータ連携・広告配信)とADPLAN DS事業(インターネット広告の効果測定システム、サイト内解析システムの提供)を会社分割し、7月に新設する「株式会社Platform ID」へ承継する。
広告商品の開発、配信システム開発に取り組む。
2011年05月25日

バスキュールとミクシィ、合弁会社「株式会社バスキュール号」設立

株式会社バスキュール号
株式会社バスキュールと株式会社ミクシィは、本日、ソーシャルマーケティングサービスを開発・提供する「株式会社バスキュール号」を設立いたします。
ソーシャルグラフを活かしたマーケティングサービス及びオリジナルメディアを創出。ソーシャルマーケティング市場の拡大を図っていくそうです。楽しみ!
2011年05月17日

博報堂、グローバルビジネス人材の育成を強化

博報堂は、企業のグローバル領域におけるマーケティング活動を支援する人材の強化を目的とした「グローバル人材プール制度」を導入し、プール(蓄積)人材約400人を本日決定いたしました。
プールメンバーは独自開発の育成プログラムを受講し、海外派遣を含む現場の実践経験でグローバルビジネス遂行能力の向上に取り組む。
2011年05月16日

ADK、中国におけるアニメコンテンツ事業開始

株式会社アサツー ディ・ケイの100%子会社であるIMMG PTE.社は、平成23年2月末日に中華人民共和国の北京市石景山区に100%子会社「北京IMMG国際文化伝媒有限公司」を設立し、5月6日より本格稼動を開始しました。
中国においてアニメ産業をより積極的に推進。
2011年05月10日

ソフトバンクグループと吉本興業、コンテンツをネット配信する合弁会社「コンテンツバンク」設立‎

ソフトバンク株式会社の連結子会社であるTVバンク株式会社と吉本興業株式会社の100%子会社である株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーは、吉本興業グループが制作・調達する魅力的なコンテンツを日本国内外に提供することを目的とした合弁会社、コンテンツバンク株式会社を設立することで、このたび合意しました。
USTREAMやPPLiveなどで、吉本のコンテンツを提供。