広告会議TOP › ビジネス会議  › 新会社・組織設立
新会社・組織設立
2006年03月01日

日本ブログ協会

日本ブログ協会

というのが設立されました。そういえば以前調査してましたね。

●関連記事:総務省が「日本ブログ協会」を設立、普及促進に向けた活動を

●2007年3月末活動終了。

2006年02月01日

博報堂DYグループ4社 デジタルメディア向け広告手掛ける新組織を設立

博報堂DYグループの4社は2月1日、インターネットなどデジタルメディア向け広告事業を手掛ける、グループの横断的な組織「博報堂DYグループ・i-ビジネスセンター」を設立すると発表した。 ウェブサイトなどを利用した統合型広告キャンペーンの企画や開発、実施をはじめ、トラッキングによる広告効果の最適化提案サービスなどを手掛ける。ブログやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を利用したプロモーション企画も開発する。
Blogが登場した時はこれからどうなるこったと思っていたんですが、いつの間にかCGMも完全ビジネス利用化になってますね。
2006年01月13日

DeNAと千趣会 モバイルECで提携--物販事業の合弁会社を設立

ディー・エヌ・エー(DeNA)と千趣会は1月13日、モバイルEC事業を手がける物販事業合弁会社の新設で基本合意に達したと発表した。2006年4月初旬に、主に20代の女性向けファッションおよびブランド関連商品などを販売する携帯電話向けショッピングサイトの開設を計画している。
世間は盛り上がってるようですがモバイルで物を購入したこと無いです。。どんな物だったら買うかなぁ。。
2006年01月09日

エキサイトと NTT レゾナントによる新会社、リスティング広告を配信開始

株式会社クロスリスティングは10日、検索連動型広告の配信、ディレクトリの提供、ディレクトリ登録審査サービスを開始した。クロスリスティングの検索連動型広告「RemoraListing」は「エキサイト」、「OCN」、「ODN」、「goo」、「So-net」、「DION」、「hi-ho」などのパートナーサイトに提供される。
始まりましたね。
2005年12月19日

GyaOには生中継で対抗--ソフトバンクとヤフー、動画配信会社を共同で設立

ソフトバンクとヤフーは12月19日、動画配信を手がける新会社「TVバンク」を共同で設立すると発表した。Yahoo! JAPANの動画サイト「Yahoo!動画」において同日よりコンテンツを配信している。両社がタッグを組むことで先行するUSENのGyaOに対抗する。
最近追っかける事が多いYahoo!コンテンツ陣営が、今度はGyao独占に対抗と。でも関西は動画の意識が薄いかな?時間の問題でしょうか。動画楽しみです。
2005年12月05日

米行動ターゲティング広告大手、日本参入

インターネットユーザーの行動履歴を解析して、個人の好みに合ったネット広告を配信する「行動ターゲティング広告」大手の米レベニュー・サイエンスが日本に参入する。博報堂DY系と組み、来春にも本格的な広告配信を始める。行動ターゲティングは米国で需要が拡大しており、日本でも市場を開拓する。
情報:IT-PLUS
2005年12月01日

電通 ネット映像広告の専門チーム設置

電通は1日付でテレビ番組などの映像インターネット配信につける映像広告の専門チームを設置する。ネット企業が配信する映像につける広告のほか、電通が在京キー局5社と設立を検討している番組ネット配信会社の映像につける広告の企画・販売などを手掛ける予定。ネット上の映像広告を有望な新商品と位置付け、販売シェアの拡大を狙う。
情報:IT-PLUS
2005年11月26日

電通がネット新会社・民放5社、番組無料配信

在京のテレビ民放5社と電通が共同で番組のインターネット配信事業に来春から乗り出す。民放各社の提供番組に電通が広告をつけ、定時配信する。放送局と広告会社が提携することで無料での番組ネット配信の普及に拍車がかかりそうだ。
情報:NIKKEI NET
●プレスリリース:インターネット上の映像コンテンツ流通を活性化するための事業会社設立に向けて共同検討を開始 [PDF]
2005年11月07日

デジタルガレージら3社、新会社「WEB 2.0」で Blog 検索などを活用したポータル開設

株式会社デジタルガレージ、ぴあ株式会社と、株主会社カカクコムの3社は7日、次世代インターネット技術の総称である「Web2.0」に沿った新規事業展開を行うため、合弁で「株式会社 WEB 2.0(ウェブツーポイントオー)」(仮称)を設立した。
2005年11月07日

エキサイトとNTTレゾナント 検索広告の新会社

エキサイトとNTTレゾナントは今月内に共同出資で検索サービスの新会社を設立する。両社が運営するサイトの検索機能の一部を新会社に移管するほか、検索キーワード連動型広告を販売する。広告を掲載する媒体としてだけでなく、自ら販売もし、急成長する検索広告市場で存在感を高める。
情報:IT-PLUS