広告会議TOP › ビジネス会議  › 資本・業務提携
資本・業務提携
2009年04月22日

マイスペース、3Dアバターサービスを開始

SNS「MySpace」を運営するマイスペース株式会社と、3Dアバターサービスを提供する株式会社Anyは業務提携し、3Dアバターに関する新サービスを本日より開始します。
MySpaceモバイルでも表示できる。海外のMySpaceユーザーにも提供することを予定しているそうです。
2009年04月07日

ヤフーがGyaO株式51%を取得し、Yahoo!動画とGyaOを統合

ヤフー株式会社と株式会社USENは本日、Yahoo! JAPANがUSENの100%子会社である株式会社GyaOの株式の51%を譲り受けるとともに、2009年秋から「Yahoo!動画」と「GyaO」の両サービスを統合させ、ネット上の映像配信ビジネスの規模拡大に取り組むことで合意しました。
久々の大型統合。映像・広告配信システム、課金システムなどを統合させ、映像配信ビジネスの拡大に努める。
2009年04月03日

グラムメディア・ジャパンに電通・ADK・集英社が資本参加

グラムメディア・ジャパン株式会社は、株式会社電通及び、株式会社アサツーディ・ケイ及び、集英社からそれぞれ株式シェア約5%の資本参加を受け女性向けオンラインメディア広告事業において提携致します。
小学館、日経BP社に続いての資本参加。
2009年04月01日

DAC、アイメディアドライブを完全子会社化

当社の関連会社である株式会社アイメディアドライブを完全子会社化いたしま したのでお知らせいたします。
アドネットワーク事業の強化が目的。
2009年03月25日

NTTコミュニケーションズ、企業向けマーケティングソリューション分野へ参入

NTTコミュニケーションズは、法人のお客さまと個人のお客さまを“つなぐ”B2B2C型ビジネスの展開のひとつとして、企業向けマーケティング・ソリューションを提供していきます。このため、「マーケティングROIソリューション」で実績のある株式会社デジタルフォレストと当該分野において業務提携するとともに、同社へ出資します。
デジタルフォレストを完全子会社化。両社の培ったノウハウをもとに、トータルなマーケティング・ソリューションの提供。
2009年02月03日

サイバーエージェントとIBM、ネットユーザー行動の分析に関する研究で協業

株式会社サイバーエージェントと日本アイ・ビー・エム株式会社は本日、「ユーザーの行動」と「テキストデータ」との複合的な分析に関する研究で協業し、ブログやコミュニティーなどインターネット上におけるユーザーの興味や行動の傾向を効率的に分析する技術を開発したことを発表いたしました。
この分析によって、趣味・趣向の一致度が高いブログを紹介する「ブログ推薦機能(仮称)」や、芸能人・有名人ブログの熱心な読者を「ブログサポーター」として掲出する「ブログサポーター機能(仮称)」が提供開始予定との事。
2009年02月02日

DAC、博報堂アイ・スタジオを子会社化

博報堂アイ・スタジオはデジタル領域におけるクリエイティブ(サイト構築・運営等)で高いスキルと実績を有する会社であり、今回の子会社化によって、当社グループは、これまでのメディア関連事業に加えて、クリエイティブ関連事業への対応体制を整え、取引がある全ての広告会社に対して質の高い広告関連サービスを提供可能となります。
クリエイティブサービス事業を強化するそうです。
2009年02月02日

DAC、博報堂DYホールディングスの子会社に

博報堂および当社の筆頭株主である株式会社博報堂DYメディアパートナーズの合計の議決権が、当社議決権総数の過半数を超えるため、当社は、両社の親会社である株式会社博報堂DYホールディングスの子会社となります。
博報堂アイ・スタジオの株式取得を主な目的として、博報堂を引受先とする第三者割当増資を実施。
2009年02月02日

AMN、役員人事と新体制を内定

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社は、このたび2月13日に設立二周年を迎えるにあたり、新たな経営体制への移行を内定致しました。つきましては、本日より現取締役の徳力基彦が代表取締役社長に就任いたします。
代表取締役ブロガーの徳力さんは、イベントでお見かけするといつも笑顔です。

●関連記事:本日より、AMNの代表取締役社長をさせて頂くことになりました。 : tokuriki.com

2009年01月30日

電通、cci全株式を公開買付けで取得し完全子会社化

株式会社電通は、平成21年1月30日開催の取締役会において、株式会社サイバー・コミュニケーションズの株券等を公開買付けにより取得することを決議いたしましたので、お知らせいたします。
電通グループのデジタル領域強化と再編。