広告会議TOP › モバイル会議  › 新サービス
新サービス
2005年11月30日

ニワンゴ

ニワンゴ

何だろうと気になってたんですが

ニワンゴとは、メールアドレス「m@niwango.jp」に知りたい情報や言葉を入れてメールを送ると、問い合わせた内容やそれに関連する情報を返信してくれる手軽で便利なメールサービスです。
という事でこのサービス気になります。「教えて!goo」はたまに利用するんですがこれに似てるんでしょうね。だったらすごい便利ですね。2006年1月サービス開始だそうです。

●関連記事:「はじめまして、ニワンゴです」取締役管理人のひろゆき氏らがお披露目

2005年11月15日

リクルートとJR東日本企画 「モバイルSuica」向けコンテンツ事業を検討

株式会社リクルートは2005年11月14日、モバイル Suica 利用者向けに、株式会社ジェイアール東日本企画(JR 企画)が運営を予定しているモバイルサイトにて、共同で情報やコンテンツ提供事業の検討を行うことに合意した。 これにより、モバイル Suica 対応携帯電話向けサイト内で、狭域生活情報などを活用した情報提供事業と広告事業によるビジネスモデルの確立や、Suica リーダライターを活用した電子クーポンの可能性、リクルートの関係携帯サイトとの連携を検証する。
2005年11月15日

JR東日本 「モバイルSuica」を来年1月28日スタート

モバイルSuica」は、おサイフケータイに専用アプリをダウンロードして、カード型の「Suica」と同じようにJR東日本のSuica対応エリアで乗車できるサービス。対応店舗で電子マネーによるショッピングも行なえる。大きな特長としては、従来のSuicaとしての機能に加えて、携帯電話上で履歴や残高を確認、定期券・グリーン券の予約・購入、電子マネー(Stored Fare、SF)のチャージなどがある。
2005年11月11日

第2日本テレビケータイ公開

第2日本テレビケータイ

第2日本テレビケータイも開始されたみたいです。個人的にはこっちのほうが興味あるなぁという感じです。電波少年とか携帯で朝通勤中に見ると出勤する気無くなるなぁ・・・。

2005年11月10日

携帯電話の新規参入、3社に許可--2006年にも新サービスが登場へ

総務省は11月9日、携帯電話事業の新規参入に関して、ソフトバンクグループのBBモバイル、イー・アクセス子会社のイー・モバイル、アイピーモバイルの3社を認可すると発表した。3社は2006年から2007年にかけてサービスを始める計画だ。
2005年11月08日

おサイフケータイでクレジット--ドコモが決済サービス「iD」提供開始

NTTドコモは11月8日、「おサイフケータイ」を決済媒体として活用するケータイクレジットブランド「iD」を12月1日から提供すると発表した。  iDは店舗に設置したリーダ/ライタにiD対応の携帯電話をかざすことでクレジット決済を可能にするサービスだ。ユーザーは利用前にクレジット会社と契約し、iDアプリと各クレジットカード会社専用のカードアプリをダウンロードしておけば、一定額までサインなどの本人確認なしに決済できる。
2005年10月13日

携帯業界の新覇者 Yahoo!コンテンツストア新設

ヤフーは10月13日、PCや携帯電話などの端末向けに開発されたデジタルコンテンツの決済代行サービスへ本格参入したと発表した。「Yahoo!コンテンツストア」のPC版と携帯電話版を新設し、複数のコンテンツプロバイダのコンテンツを販売する。
●関連記事:ヤフー、携帯向けのコンテンツ配信プラットフォームに本格参入
2005年09月20日

Vodafone 11月上旬以降FeliCaサービス開始


ボーダフォンは、11月上旬以降にFeliCaサービスを開始する。これにあわせてモバイルFeliCa ICチップを搭載したシャープ製「703SHf」を発売する。このほか、秋・冬商戦向けの端末3モデルも発表されている。

2005年09月14日

ドコモ おサイフケータイ新機能「トルカ(ToruCa)」

トルカ

おサイフケータイを店頭などに設置されるリーダーライターにかざすだけで、店舗情報やクーポン券といった情報を取得できる新機能「トルカ(ToruCa)」が今冬搭載。
iチャネル」にも期待していたんですが、また面白い機能が搭載。
どうにかならないかと試行錯誤してた導線ヶ所が一気に解決される兆しあり。どんどん増えるコンタクトポイント。面白くなるが如し。

2005年09月05日

凸版印刷 ICタグ×携帯電話の連携システムを開発

凸版印刷は9月5日、ICタグと携帯電話を連携させる新システム「KOKOPASS(ココパス)」を開発。ICタグの識別IDと携帯電話のメールアドレスを関連付けし、システムに登録。利用者がタグを読み取り装置(リーダー)にかざすと、自分の携帯電話機で、情報が記載されたメールを受け取れるようになる。