広告会議TOP › モバイル会議  › 新サービス
新サービス
2013年02月20日

NTTドコモ、O2Oサービス「ショッぷらっと」をトライアル提供開始

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモは、お客様がスマートフォンを持ってお店に来店するだけで、ポイント“star”が貯まったり、お得なクーポンが貰えるサービス「ショッぷらっと」を、東京都内を中心に、2013年2月20日(水曜)よりトライアル提供いたします。
トライアルサービスに参加する約170店舗で利用可能。
2013年02月12日

博報堂グループ、広告体験プラットフォームスマホアプリ 「広告+(コウコクプラス)」を提供開始

株式会社博報堂は、グループ企業である株式会社博報堂プロダクツと株式会社博報堂アイ・スタジオとで共同開発した、スマートフォンを従来の広告に“かざす”だけで、様々な詳細情報やサービスコンテンツをユーザーに提供する広告体験プラットフォーム「広告+」を2013年2月18日にサービスインし、iPhone用アプリの提供を開始します。
TVCM、新聞、雑誌広告、野外の看板、ポスター、パッケージなどにiPhoneをかざすとWEBコンテンツを表示し、閲覧者に便利な情報や特典などを提供できるプラットフォーム。
2013年02月04日

博報堂アイ・スタジオとSDBC 「Pass U」

Pass U

博報堂アイ・スタジオと博報堂DYグループの横断組織「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター(SDBC)」と連携して「Pass U(パス ユー)」を提供開始。クーポンの作成、一括自動配布ができる管理ツールです。

2012年10月23日

博報堂DYメディアパートナーズ、スマホユーザーを対象とした企業向けO2Oサービス「じぶんクエスト」提供開始

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、ゲーミフィケーションを応用した販促支援を、低コスト・スピーディーに実現する、スマートフォンユーザーを対象とした企業向けO2Oサービス「じぶんクエスト」の提供を開始しました。
専用ウェブサイト上から「クエスト」と呼ばれるゲームに参加。観光地巡り、店舗巡り、スタンプラリー、スポーツ観戦回数競争などゲームを楽しむことができる。
2011年12月16日

KDDI、ARの新ブランド「SATCH」を立ち上げ

KDDIは、AR (Augmented Reality: 拡張現実感) の新ブランド「SATCH」 (サッチ) を立ち上げ、より身近に、手軽に、便利にお使いいただけるARアプリケーションをご提供します。
マーカーを使わずに画像を直接読み取ることができる。ARソフトウェア開発キット「SATCH SDK」を無償で提供。
2011年07月13日

各社のケータイ同士で「SMS」の送受信が可能に

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス(イー・モバイル)の各社間で、SMS(ショートメッセージサービス)の相互接続が開始された。
送信側にパケット定額とは別の料金が必要なのでご注意。
2011年07月01日

ミルモと電通、Android向け「ROTA2U」の提供開始

ミルモ株式会社と株式会社 電通は、7月1日より、スマートフォンやタブレット向けコンテンツ配信用プラットフォーム「ROTA2U」と音楽・動画配信アプリケーション「media2U」の提供を開始いたします。
年内には、電子書籍・ゲームなど配信開始も予定。
2011年06月27日

博報堂DYグループ、タブレット端末を活用した営業・接客支援ツールを開発

株式会社博報堂DYホールディングスのグループ横断型組織「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」は、グループ企業である株式会社博報堂アイ・スタジオと共同で、タブレット端末を活用した営業・接客支援ツール「スマートセールス」を新たに開発し、クライアント向けのサービス提供を開始いたしました。
タブレットの各種機能に、博報堂DYグループのコミュニケーション・プロモーション知見を掛け合わせて開発した営業・接客支援ツール。
2011年02月25日

KDDIとグリー、Android端末向け「GREEマーケット(仮称)」発表

KDDI株式会社とグリー株式会社は、Android搭載スマートフォン向けソーシャル・ネットワーキング・サービス「au one GREE」、「GREE」においてソーシャルアプリケーションの利用を拡大するため、auおよび他社のAndroid搭載端末向けに、「GREEマーケット(仮称)」を2011年夏より協業で提供します。
アプリ検索、カテゴリ分類、ランキング、オススメなどを備え、ソーシャル性を活用した機能も追加予定。
2011年02月21日

DeNA、「Yahoo!モバゲー」に3D仮想空間「ピコピコタウン」β版公開

『ピコピコタウン』は、ユーザが自身のモーションアバターを動かしながら、他のユーザとチャット機能などを通じてリアルタイムでコミュニケーションを楽しむことができる3D仮想空間です。ユーザは、「Yahoo!モバゲー」上に2万5000種類以上存在しているモーションアバターを『ピコピコタウン』内でも利用し、3D空間上で操作することができます。これにより、アバターの活用シーンが増加します。
外部サービス事業者・開発者が単独、またはDeNAと共同で開発・提供を行っていく予定とのこと。