広告会議TOP › 検索エンジン会議  › MSN・MS
MSN・MS
2010年10月14日

米Facebookと米Microsoft「Bing」が連携強化

Microsoftの検索エンジン「Bing」の検索結果において、Facebookの友人が「like(いいね!)」を付けている情報が含まれる場合、その友人のアイコンが表示される。これにより、友人が評価している情報がすぐにわかるという。
Facebookにログインした状態でBingを使うと表示され、無効化・有効化は設定できます。
2010年02月19日

MicrosoftとYahoo!の検索事業提携が承認

米Microsoftと米Yahoo!は18日、両社の検索事業提携を米司法省と欧州委員会が承認したと発表した。
これが承認されました。まとめはこちら。そろそろ「検索エンジン戦争」の新しい版が読みたいです。
2010年02月18日

Outlook 2010がLinkedIn・Facebook・MySpaceと連携

米Microsoftは17日、次期オフィスソフト「Office 2010」に含まれるメールソフト「Outlook 2010」について、SNSなどと連携するソーシャル機能を追加できるようにし、LinkedIn、Facebook、MySpaceと連携できるようにすることを発表した。
まず「LinkedIn」と連携、続いて「Facebook」「MySpace」と連携予定。こんな感じです。
2010年02月16日

Microsoft、「Windows Phone 7」を発表

米Microsoftは15日、スペイン・バルセロナで開催されている「Mobile World Congress 2010」の会場で、スマートフォン向けプラットフォーム「Windows Phone 7」を発表した。「Windows Phone 7」は、従来のWindows Mobileシリーズを踏襲せず、最初から設計し直されたという。OSの基本設計、ユーザーインターフェイス、端末メーカーや携帯キャリアとの連携の仕方なども見直されている。
これまた触り心地良さそうなUIです(デモ)。
2010年02月08日

MicrosoftとFacebook「Bing」関連で提携拡大

FacebookでのBing検索機能を強化し、世界のFacebookユーザー4億人にBingサービスを提供する。またMicrosoftはFacebookでのディスプレイ広告販売を終了する。
Facebookの検索エンジンが世界共通で「Bing」に。Facebookにディスプレイ広告の販売を引き継ぐ。
2009年11月13日

Windows(R) phone向けアプリケーション配信サービス「Windows Marketplace for Mobile」

マイクロソフト株式会社は、スマートフォン用OSの最新版、Windows Mobile(R) 6.5 日本語版を発表、また、同OSを搭載したWindows(R) phone向けアプリケーション配信サービス「Windows Marketplace for Mobile」を、12月上旬より日本国内で開始します。
集英社が12月中に「DRAGON BALL」の無料サンプル配信など30社が参加を表明。PCからはこちら
2009年10月22日

米Microsoft、「Bing」でTwitterの投稿が検索可能に

米Microsoftのサーチエンジン「Bing」は21日、Twitterのつぶやきを検索内容に含めるベータテストを米国で開始したと発表した。
Twitter Searchをよく利用しますが、つぶやき検索面白いです。
2009年08月13日

米マイクロソフトとノキアが携帯分野で提携

ソフトウエア世界最大手の米マイクロソフトと携帯電話で世界最大手のフィンランド・ノキアは12日、ノキアの多機能携帯(スマートフォン)で利用できるMSの事務統合ソフト「オフィス」を開発するなど、携帯端末分野で事業提携すると発表した。
MSはグーグルの攻勢を警戒、ノキアはiPhoneなどに対抗とのこと。
2009年08月10日

Microsoft傘下のRazorfishを仏Publicis Groupeが買収

フランスの広告会社Publicis Groupeは、Microsoft傘下のインターネット広告代理店Razorfishを買収することで合意した。買収総額は、現金と株式合わせて5億3000万ドルだ。
という結果となりました。Razorfishはネット広告分野におけるMSの「優先業者」としての立場も維持とのこと。
2009年07月29日

MicrosoftとYahoo!、検索事業で提携

米Microsoftと米Yahoo!は7月29日(米国時間)、オンライン事業での提携を発表した。MicrosoftはYahoo!の検索技術ライセンスを取得した上で同社に検索サービスを提供し、Yahoo!は両社の優良広告主に対し、ワールドワイドで独占的に販売契約を結ぶことになる。
契約は10年間、Yahoo!がBingを採用し、検索広告の入札システムはMicrosoftのAdCenterを利用して両社の検索広告の営業窓口となる。提携にディスプレイ広告事業は含まれていない。ということです。さてはて。
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages