広告会議TOP › 検索エンジン会議  › Google
Google
2006年05月11日

Google 新アプリケーションを一挙にお披露目

Googleは米国時間10日、「Google Desktop」の新バージョンと、ウェブでの情報収集力を強化する複数の新製品を発表した。同社は年に1度当地にある本社を報道関係者に公開しているが、この日はGoogle Desktopのバージョン4や、「Google Notebook」「Google Trends」「Google Co-op」という新アプリケーションを披露した。
ああ、悩む。。近頃再発している攻防戦のおかげで、MSN・Yahoo!・Google各社いいもの出してくれるので、どれを使っていこうか悩みます。Google Notebookは5月第3週頃から開始らしですが非常に気になります。
2006年05月09日

Google 日本では苦戦・閲覧数の伸び・ヤフー下回る

3月にヤフーの検索サービスを利用した人が見たページ数の合計は、前年9月から12.7%増の22億7793万ページとなった。グーグルは6%増の12億5280万ページだった。半年前と比較した伸び率で、グーグルがヤフーを下回ったのは2003年3月以来。
情報:IT-PLUS
日本じゃYahoo!。
2006年04月19日

Googleとダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ

Google×○○企画ものが出没しだしました。これとか。充電中スタンバイ企画が山ほどありそうなGoogleさん。今年も楽しましてくれそうです。

2006年04月17日

Google Calendar

Google Calendar

手帳術みたいなのが好きで、虫眼鏡で見ないと読めないくらい細かくスケジュール・ToDoを書いてニヤニヤしてたんですが、2年前に突然思いたって全部PCで管理してます。デスクの上にはPCのみという感じで快適デスク。それを見てニヤニヤしてます。
で、そろそろスケジュールはあちら側に置きたいなぁと思ってた所(携帯で見たいので)このリリース。使い勝手もかなり良いし、シンプル。でもモバイル版が無いのでもうしばらく待ちましょうか。

●関連記事:「Google Calendar」公開、スケジュールの共有機能などを搭載

2006年04月07日

Google 携帯電話向けの広告配信サービス“Google モバイル広告”を開始

グーグルは7日、携帯電話向けの広告配信サービス“Google モバイル広告”を開始したと発表した。これは、携帯電話を利用して“Google”の検索サービスを利用する際に、検索キーワードに連携したキーワードターゲット&クリック課金広告“アドワーズ広告”を表示するというもの。
2006年03月01日

Google Japan Blog

Google Japan Blog

今日はいろんなサイトが開始されてますが、これが一番楽しみです。Googleのサービスや技術についての最新情報が気になる方へ「Google Japan Blog」。

2006年02月23日

Google ウェブサイト作成サービス「Page Creater」を公開

Googleは2月23日、ブラウザ上でウェブサイトが作れるサービス「Page Creater」を公開した。Googleが実験中のサービスを公開するGoogle Labsからアクセスできる。
サブドメインでスペースが用意されてるみたいです。早速試してみます。
2006年02月15日

Vodafone モバイル検索で Google と提携


Vodafone は14日、移動体通信業界の国際イベント『3GSM World Congress』(2月13日-16日) において、Googleとの提携を発表した。同社と協力して、加入者向けモバイル検索サービスを開発するという。具体的には、Vodafone が提供する消費者向けインターネットサービス『Vodafone live!』に、Google の検索機能を組み込む計画だ。
Googleのニュースを見ない日が無いですよねぇ。最近。。

2006年02月12日

Google 日本でもRSS広告の試験配信を実施

昨年5月に米Google広報も認めていた一部サイトでのRSS広告(RSS AdSense)配信だが、日本国内でも試験を実施しているようだ。例えばBIGLOBEのウェブ型RSSリーダーのフィード内にGoogleのRSS広告が確認できる。ざっと見たところ、フィードとの関連性があまりない広告が多数表示されている。
おお、見落としてました。
2006年02月07日

BMWとリコーの独サイト SEO対策問題でGoogle検索から削除

ドイツのBMWサイト「BMW.de」が、SEO対策に関する規律違反でGoogleの検索対象から外された。リコーのドイツ語サイト「ricoh.de」も同様の理由で近くGoogleインデックスから削除する予定だという。
SEOのオーダーが非常に多いですが、SEOが生まれ育ったのはスパム界隈だったということをお忘れなく。。