広告会議TOP › 検索エンジン会議  › Yahoo!・SB
Yahoo!・SB
2012年05月24日

米Yahoo!、新ブラウザー「Axis」リリース

米Yahoo!は23日、新たに開発したウェブブラウザー「Yahoo! Axis」を公開した。PC向けには主要ブラウザー用のプラグインとして、iOS向けには単体のブラウザーアプリとして公開している。利用は無料。
複数デバイス間で同期が可能。
2011年09月28日

Yahoo! JAPAN 「Yahoo!くくる」

Yahoo!くくる

Yahoo! JAPANが新サービス「Yahoo!くくる」を公開。興味のある事柄に対して「テーマ」を作成し、そのテーマに合った「アイテム」を集めるサービスです。くるくるくくる。

2011年08月18日

Yahoo! JAPAN、「Yahoo! Phone」をソフトバンクモバイルと開発

ヤフー株式会社とソフトバンクモバイル株式会社は、Yahoo! JAPANのサービスを便利に利用できるオリジナルモデル「Yahoo! Phone」(SoftBank 009SH Y)を開発し、数量限定で9月下旬以降に発売します。
「AQUOS PHONE THE PREMIUM SoftBank 009SH」(シャープ製)の機能にアプリや特典が追加。
2011年06月14日

Yahoo! JAPANとTwitterが戦略提携

ヤフー株式会社はTwitter社と戦略提携し、Twitterが持つ全ツイート(プライベートコンテンツを除く)のデータ提供を受け、最適な検索結果を表示する「Yahoo!検索 リアルタイム検索」を本日公開しました。検索結果にツイートが表示されるため、検索対象となる情報量が増加し、即時性が向上します。今後、スマートフォンでのサービス開始(2011年7月上旬予定)やTwitter以外のソーシャルメディアとの連携も予定しております。
「Yahoo!ニュース」や「Yahoo!ロコ」などさまざまなサービスとの連携も検討。
2011年06月01日

Yahoo!JAPAN 「Yahoo!ロコ」

Yahoo!ロコ

Yahoo!JAPANが「Yahoo!ロコ」を公開。Yahoo! JAPANの地点情報のサービス群を集約した日本最大級のジオサービス。モバイル・スマートフォンにも対応です。

2011年03月09日

Yahoo!JAPAN、「アプリ検索」開始

Yahoo!検索に「アプリ検索」が加わった。App Storeの全アプリデータをAppleが初めて供給、検索結果に反映させている。
無料・有料、安い・高い順など条件で検索もできます。
2010年11月04日

ソフトバンクモバイル、「ソフトバンク ブックストア」開始

ソフトバンクモバイル株式会社は、スマートフォン向けアプリケーションとして、書籍、コミック、写真集などを中心に幅広いジャンルの電子書籍が楽しめる「ソフトバンク ブックストア」を、2010年12月上旬以降、「GALAPAGOS SoftBank 003SH」の発売に合わせて提供開始します。
サービス開始時点から約10万点以上の電子書籍を取りそろえている。
2010年09月30日

Yahoo!ニュースに「Yahoo!ニュース 企業トレンド」開設

「企業トレンド」内に掲載する企業情報は広告でもプレスリリースでもなく、「企業ニュース」という位置付けです。「企業トレンド」は、Yahoo!ニュース画面の上部に、新コーナーとして追加されます。メディアには取り上げられなかった情報でも、読者には有益な情報もあります。読者は、各報道機関から発信された記事を取り扱う「Yahoo!ニュース」と並行し、「企業トレンド」の情報を読むことで、自分に必要な実用性の高い情報を得ることができます。
トップページの「Yahoo!ニュース トピックス」、「Yahoo!ニュース トップページ」には掲載されないそうです。
2010年09月15日

Yahoo! JAPANが「シェアボタン」を提供開始

ヤフーは9月15日、Yahoo! JAPANが提供するコンテンツをソーシャルメディアサービスと共有できる「シェアボタン」を提供開始した。Yahoo! JAPANの各サービスに設置されたシェアボタンをクリックするだけで友人と情報を共有できる。
対応するシェアボタンは、Twitter、mixiチェック、Yahoo! JAPAN「ひとこと」機能。順次コンテンツに対応とのこと。
2010年07月27日

Yahoo! JAPAN、Googleの検索エンジンと検索連動型広告配信システムを採用

Yahoo! JAPANは、様々な人気の高いサービスを提供しておりますが、そのなかの一つである検索サービスにおいて使用している「検索エンジン」と、「検索連動型広告配信システム」を Google Inc.のエンジンおよびシステムに切り替えることに決定いたしました。
またGoogleにもどりました。切り替え時期については未定。もうこの本から5年です。