広告会議TOP › 書籍会議  › ビジネス
ビジネス
2007年05月01日

Google誕生

Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター

やっと読みました、その名の通りGoogle誕生物語です。
どうしてGoogleの会社の経営方針が面白いのかがよく理解できます。検索の詳しい技術的な所も少ないので、米成功企業の物語として楽しめるのでどうぞ。

2007年04月22日

こんな僕でも社長になれた

こんな僕でも社長になれた

ナウでヤングなレンタルサーバー「ロリポップ!」のpaperboy&co.家入社長の物語。と言ってもビジネスサクセスストーリーの社長本というのではなく、環境の変化と共に訪れるいろんな人生の苦悩が穏やかに書かれております。非常に読みやすくて一気に読みました。ちなみにこのブログも「ロリポップ!」でございます。

2007年04月14日

スティーブ・ジョブズ神の交渉術

スティーブ・ジョブズ神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのか

いくつかは聞いたことのある神話ではあったものの、凄い勢いです。もちろん経営者には独創的な経営スタイルがあって当然ですが、いろんな意味でスティーブ・ジョブズが神と言われる理由がこの本で分かるんではないでしょうか。

2007年04月07日

虚構―堀江と私とライブドア

虚構―堀江と私とライブドア

いろんな報道でよく理解できなかったライブドアの姿が非常にリアルに書かれております。というのも、著者は宮内氏であり、近頃はポジティブに発展する内容の社長本が多い中、宮内氏から見たホリエモンという企業NO.2の素直な気持ちがよく理解できました。
「社長失格」を思い出しました。

社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
2006年07月06日

お払い箱のビジネスモデル

お払い箱のビジネスモデル

放送・携帯電話・広告の章だけ読んだんですが、話のネタになりそうな内容がけっこうアリます。携帯電話・放送業界の今後が非常に楽しみです。

2006年05月27日

USEN宇野康秀の挑戦! カリスマはいらない。

USEN宇野康秀の挑戦!カリスマはいらない。

著者は宇野社長では無いんですが、多くのインタビューがあるのでよくまとまった自伝でした。壮絶なビジネスライフです。インフラ・コンテンツビジネスに対する考え方、仕事のスタンスなど刺激ありです。

2006年05月27日

1R男~28歳の社長、上場物語

1R(ワンルーム)男~28歳の社長、上場物語

本屋で発見してプロローグを読んで、出だしの壮絶さに負けてそのままレジへ。目黒ではたらく熱血社長のブログを購読しているので過去と現在がつながりました。とにかく熱血で逆境に立ち向かって行かれる方だなと、この本で熱を頂きました。

2006年02月19日

「へんな会社」のつくり方

「へんな会社」のつくり方

ほんとに面白い会社です。共感できる内容をみごとに実践されている会社って感じで、「はてな」という会社がWeb2.0そのものっていうのがよく伝わります。「共有」ってやっぱりいいですね。

2006年01月03日

日本のコンテンツビジネス―ネット時代にどう変わる

日本のコンテンツビジネス―ネット時代にどう変わる

ほんとに興味津々コンテンツビジネス。ちょっと今回は凄そうな気もするんで要注目です。

2006年01月03日

僕が六本木に会社をつくるまで

僕が六本木に会社をつくるまで

ネット社長系の本を読むとやっぱりテンションが上がりますねぇ。ゲーマーだった所に共感と、著者が楽天にいた時ののくだりが面白かったです。

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages