広告会議TOP › 書籍会議  › ビジネス
ビジネス
2011年08月20日

秋元康の仕事学

秋元康の仕事学

NHK「仕事学のすすめ」制作班により取材・編集された「秋元康の仕事学」。

大ブレーク中のAKB48や、美空ひばりの名曲『川の流れのように』はどのように生み出されたのか?その秘訣は「リサーチをしない」「予定調和を裏切る」「企画のマイナス面を意識する」など、独創的な発想にあった!メガヒットメーカー・秋元康氏が明かす、目からウロコの企画法や生き方論。勝間和代氏との対談も収載した、ビジネスパーソン必読の書!
さまざまな企画を生み出して来た秋元康の企画発想の方法やすすめ方、自身の生い立ちまで語られています。ぐいぐい質問していく勝間和代 氏との対談も面白いです。

2011年06月12日

コンデナスト・ジャパン 「WIRED VOL.1」

WIRED (ワイアード) VOL.1 (GQ JAPAN2011年7月号増刊)

WIRED VOL.1」がGQ JAPAN2011年7月号増刊として刊行。「テクノロジーはぼくらを幸せにしているか?」という事で、内容はもちろんですが、紙の質、ボリューム、デザイン、価格、とっても好きな感じです。毎月出て欲しいなぁ。サイトはこちら

2011年01月23日

一流の仕事人たちが大切にしている11のスタンダード

一流の仕事人たちが大切にしている11のスタンダード

「基礎も身についていないのに、オリジナリティを求める行為は、単なる変わり者でしかない。」ということで、真の大人のスタンダードの心得が書かれた本「一流の仕事人たちが大切にしている11のスタンダード」。著者は「キミがこの本を買ったワケ」「透明人間の買いもの」「空気のトリセツ」の指南役さん(Twitter)。定番、笑い、社交、時間、お金、汗、食事、本、尊重、余裕、発想、11のスタンダードの心得があらゆるエピソードと共に記されています。プロローグのティファニーのお話から一気読みでした。「型を破る」ための「スタンダード」。読み終えた後は、少し大人になれます。

2010年01月24日

成功は一日で捨て去れ

成功は一日で捨て去れ

ユニクロ思考術」とあわせて購入した「成功は一日で捨て去れ」。柳井氏の前著「一勝九敗」から6年、その悪戦苦闘っぷりが新たに記録されています。日常で接しているユニクロですが、裏側で如何にして経営されているのかがほんとに素直に書かれています。

2010年01月20日

Goods Press 2010年 02月号

Goods Press (グッズプレス) 2010年 02月号 [雑誌]

Goods Press 2010年 02月号」を阿部さん(@galliano←フォローおすすめです!)から頂きました!ありがとうございますっ。特集がiPhone「プロフェッショナルたちの超アプリ術」という事で、「トップCMクリエイターのクラウド×アプリの思考術」として阿部さんが紹介されています。みんなのiPhoneの使い方って気になりますよね。その他にもいろんなプロの方の使い方が紹介されているので是非。「ホビー大図鑑」は物欲を抑えてどうぞ。

2010年01月18日

週刊 ダイヤモンド 2010年 1/23号

週刊 ダイヤモンド 2010年 1/23号 [雑誌]

週刊 ダイヤモンドの2010年1/23号では、編集部がTwitter上で「アイコンの表紙掲載募集」を行い、集まった方々が表紙となっています。もちろん特集も「2010年ツイッターの旅」。応募してみたらほんとに掲載(一番左の列)されましたw

2009年11月15日

ユニクロ思考術

ユニクロ思考術

ユニクロに関わるキーマン達による「ユニクロ思考術」。クリエイティブには佐藤可士和、片山正通、タナカノリユキ。ウェブ・マーケティングには勝部健太郎、田中耕一郎、中村勇吾。他には各種プロジェクト及び世界各国のユニクロのリーダー達が、ユニクロとの関わりとそれぞれが悩みながら解決していく様子が解説されています。各国の文化の違いに対するユニクロの海外進出スタンスなど、現場の関係者による話でとても興味のある内容でした。

2009年11月03日

ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語

ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語 (アスキー新書)

「あ、佐々木俊尚さんの新刊だ!」という勢いで内容を詳しく見ないままさっと買ったので、ニコニコ動画関連をまとめた本かと思っていたら、ニコニコ動画がスタートそして奮闘するまでの「ドワンゴ物語」という内容で、かなり面白かったです(表紙に控えめにドワンゴ物語って書いてありましたw)。各方面の天才達がネット企業創世記にどのような経緯でドワンゴに集結して設立されたのか、ネット(PC・モバイル)のトレンドと共にあらゆる事業を展開していくすべがリアルに書かれています。あーこんな時代(と言っても10数年前からのお話)あったなぁというシーンも沢山でてきてすごく楽しめました。

2009年06月07日

ひと月15万字書く私の方法

ひと月15万字書く私の方法

毎月すごい数の原稿を執筆している佐々木俊尚 氏が、「ひと月15万字書く私の方法」ということで、手際よく「文章を書く」方法をかなり具体的に伝授してくれます。ちなみに前回の「3時間で「専門家」になる私の方法」では、情報収集の方法を公開してくれました。この2冊ともさっくり読めるので、自分の情報収集・文章を書く方法と比べながら、自分流を作っていくと良いかもです。

2009年04月13日

ネコ型社員の時代

ネコ型社員の時代―自己実現幻想を超えて (新潮新書)
「自己実現」に幻想を持たず、出世のためにあくせくせず。滅私奉公に背を向けつつも、得意分野では爪を磨ぐ。そんなネコ型社員が増殖している。忠犬型社員だけでは、企業は生き残れない。鍵を握るのは、気まぐれなようでいて、タフでしたたかなネコ型社員である。
というネコ型社員を中心に、今の社会の生立ちから、ネコ型社員とこれからどう社会を組み立てていけば良いかがまとめられています。もちろんネコ型社員以外のタイプも登場して、それぞれ身近にいるタイプw、なのでどなたでも楽しめます。著者は大好きな本「売れないのは誰のせい?」の山本直人さん。
 1  |  2  |  3  |  4  | All pages