広告会議TOP › 書籍会議  › ネット関連
ネット関連
2011年08月14日

Facebookページ プロフェッショナルガイド

Facebookページ プロフェッショナルガイド

沢山の著名な方によりまとめられたFacebookページ実践本「Facebookページ プロフェッショナルガイド」。

Facebookのユーザー数の急速な増加に伴い、企業によるFacebookページの立ち上げが加速しています。本書は、Facebookページの作成/活用について、ビジネス面とテクノロジーの両面から解説し、総合的な活用力を身につけるための実践書です。
Facebookの国内外の沢山の事例からビジネス状況が解説され、実際どのようにしてスタートし、応用していくのか、具体的なアプリや仕様まで紹介されていて非常に分かり易くまとめられています。状況・仕様がよく変わるFacebook、鮮度の良いうちにどうぞ。

2011年01月25日

ソーシャルメディア・ダイナミクス ~事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略~

ソーシャルメディア・ダイナミクス ~事例と現場の声からひもとく、成功企業のソーシャルメディア戦略~

ループスさん全社員で執筆された「ソーシャルメディア・ダイナミクス」。ユニクロ、良品計画、ベネッセ、IBM、ソフトバンクモバイル、mxi、GREE、DeNA、電通 佐藤さん、博報堂 須田さん、など、沢山の事例と現場の声からソーシャルメディアをひもとき、ループスさんのソーシャルメディア活用ノウハウが盛り込まれています。活用ポイント、活用方法、作り方、付き合い方、あらゆる側面からソーシャルメディア活用が書かれていて、とてもよくまとまっているのでおススメです。

2010年11月20日

ウェブで儲ける人と損する人の法則

ウェブで儲ける人と損する人の法則

ニュースサイトの編集者であり、「ウェブはバカと暇人のもの」の著者 中川淳一郎 氏による、“そんなことを知らないなんてもったいない!”と常々思っていた「ネットで儲ける法則」をまとめた「ウェブで儲ける人と損する人の法則」。ネットでみんなが集まってくる「ネタ」とは?ネットユーザーの行動って?他のいろんなネット本では出てこない事例などが具体的に沢山ちりばめられていて面白かったです。

2010年06月19日

できるポケット+ Evernote 活用編

できるポケット+ Evernote 活用編

コグレさん・いしたにさん・さんにより、みんな大好き「Evernote」の上手な活用方法がまとめられた一冊です。まだまだ使いこなせていない気がするので、更なる発見を求めてありがたい活用編。はじめての方はこちらをどうぞ。

2009年11月03日

ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語

ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語 (アスキー新書)

「あ、佐々木俊尚さんの新刊だ!」という勢いで内容を詳しく見ないままさっと買ったので、ニコニコ動画関連をまとめた本かと思っていたら、ニコニコ動画がスタートそして奮闘するまでの「ドワンゴ物語」という内容で、かなり面白かったです(表紙に控えめにドワンゴ物語って書いてありましたw)。各方面の天才達がネット企業創世記にどのような経緯でドワンゴに集結して設立されたのか、ネット(PC・モバイル)のトレンドと共にあらゆる事業を展開していくすべがリアルに書かれています。あーこんな時代(と言っても10数年前からのお話)あったなぁというシーンも沢山でてきてすごく楽しめました。

2009年10月12日

ツイッター 140文字が世界を変える

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

コグレさん・いしたにさんの共著第2弾「ツイッター 140文字が世界を変える」。あらゆるサービス・ツール・ガジェットを使いこなしているお二方が、シンプルだけど説明の難しいサービス「ツイッター」について上手に解説してくれます。まだまだ歴史の浅いツイッターですが、ここ数年(ここ最近)でいろんな事がありました。その出来事から日本でのツイッターのポジションが徐々に確立されて来たわけですが、それらの歴史とその時の利用者の感情までもが綺麗にまとめられています。

2009年08月03日

ブレーン別冊 「関西ウェブ制作会社年鑑」

ブレーン2009年9月号別冊 関西ウェブ製作会社年鑑 2009年 09月号 [雑誌]

ブレーンの別冊「関西ウェブ制作会社年鑑」を献本していただきました。ありがとうございます。

関西で活躍するウェブ制作会社を16社厳選しました。関西は「回転寿司」や「カラオケ」といったアイデア商品・サービスを生んだ地域です。そこで、実績を重ねるウェブ制作会社だからこそ、できることがあります。また総力特集として、効率よく、成果の上がるウェブサイトを制作するための「オリエンテーション」方法を紹介します。
関西WEB制作会社16社紹介と共に、「第一線企業12社のウェブ発注」事例篇など制作に関する声が沢山掲載されています。

2009年06月29日

僕が2ちゃんねるを捨てた理由

僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」から約2年が経過し、今度は「僕が2ちゃんねるを捨てた理由」という事で、近頃のネット界隈について語られています。第3章「ネットと広告」ではひろゆき氏が考えるネット広告云々が面白いです。最後には土屋敏男氏との対談もあります。

2009年06月07日

ひと月15万字書く私の方法

ひと月15万字書く私の方法

毎月すごい数の原稿を執筆している佐々木俊尚 氏が、「ひと月15万字書く私の方法」ということで、手際よく「文章を書く」方法をかなり具体的に伝授してくれます。ちなみに前回の「3時間で「専門家」になる私の方法」では、情報収集の方法を公開してくれました。この2冊ともさっくり読めるので、自分の情報収集・文章を書く方法と比べながら、自分流を作っていくと良いかもです。

2009年05月31日

ウェブはバカと暇人のもの

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

「本書では、「頭の良い人」ではなく、「普通の人」「バカ」がインターネットをどう利用しているのか?リアルな現実を、現場の視点から描写する。」ということですが、決してネットが面白くないよという本ではなく、ニュースサイトの編集責任者である著者が出会った、ポジティブにもネガティブにも盛り上っている事柄ってどんな内容なのかというのが書かれています。実際の出来事をベースにしているので、あぁこんな事が起ってたのかと参考になります。

2009年03月21日

本人 vol.09

本人 vol.09

今回から「hon-nin」改め「本人」になってリニューアル。巻頭ロング手記が「ひろゆき」で、ホリエモンの読みきりもあるという事で、初めて買いました。いつもの感じのお二方論、面白かったです。そんなひろゆき×ホリエモン対談ムービーはこちら。他にも、しょこたんが書いたマンガや、好きな方にはたまらない方々が執筆されているので、↑目次をチェックしてみてください。

2008年09月28日

心に響くウェブ動画マーケティング。

心に響くウェブ動画マーケティング。 貴社がYouTube・ニコニコ動画ブームに乗れない理由。

気が付けばネットで動画を見る生活が普通になってますね。それと共に動画を利用したキャンペーンも沢山登場していますが、まだまだ始まったばかりの領域なので、手法というカタチでまとめるのは難しい感じ。この本では具体的に盛り上った動画を参考に、今時のウェブ動画マーケティングを解説していて、大きな流れを感じるには良いかと思われます。

2008年09月25日

欧米バーチャルワールド調査報告書

欧米バーチャルワールド調査報告書

期待とブームから突然盛り上った「SecondLife」の話はすっかり聞かなくなりましたが、あの盛り上がり以後、欧米では各所で新しいバーチャルワールドが構築され、利用価値をみいだし、それぞれのモデルにあった使われ方をしながら展開は続いています。
そんな多様化が進んでいる欧米バーチャルワールドの状況をまとめたレポート「欧米バーチャルワールド調査報告書~多様化するバーチャルワールド」がAd Innovator織田さんが代表を務めるDigital Media Strategiesから発売されています。
ありがたい事に今回もサンプルPDFが公開されていますので、こちらから是非どうぞ。

2008年05月02日

プロセス・オブ・モバイル・サクセス

プロセス・オブ・モバイル・サクセス 企画・発案から制作・運営・SEMまで携帯サイトを成功に導く55のポイント

モバイルサイト立ち上げまでの流れを中心に、モバイル業界動向、いくつかの成功事例などがまとめられています。モバイル関連全般にわたって55のポイントに区分されているので、必要な所だけでもサクッといけますし、これからモバイルコンテンツ制作に関わる方には基本編という感じの内容なのでおススメです。

2007年11月24日

SMO(ソーシャルメディア最適化)実践テクニック

SMO(ソーシャルメディア最適化)実践テクニック

紺野俊介氏と渡辺隆広氏が共著ということで、SEM関連の現状も踏まえた感じになっていて、ソーシャルメディアとの関係を如何にして築くかが非常に分かりやすくまとまっています。その名の通り、実践テクニック集です。

2007年08月29日

ネット広告がテレビCMを超える日

ネット広告がテレビCMを超える日 (マイコミ新書)

ネット系・放送系の今後決定している事項(地デジ等)をもとに、具体的にいろんな予想が書かれています。根拠として出てくる内容(現状)は何度も聞いた話ですが、その後の展開が面白いのでカバーできます。オチはまさに「ネット広告がテレビCMを超える日」です。

2007年07月22日

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書 14)

「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」は最初の数ページで、それ以降は著者ひろゆき氏が面白い角度から今時のインターネットについて解説しております。佐々木俊尚氏、小飼弾氏との対談も面白トークバトルで濃い内容でございます。

2007年06月13日

ネットで人生、変わりましたか?

ネットで人生、変わりましたか?

かなり人生変わりました。ITmedia記者のIT戦士、岡田有花さんの記事2003年から今までの総集編。若かりし頃の2.0系企業などが沢山出てきて、時代の流れが見れて面白いです。

2007年05月26日

ウェブ3.0型社会

ウェブ3.0型社会 リアルとネット、歩み寄る時代

現在のインターネットにまつわるいろんな事柄が分かりやすくまとまっており、著者の視点でオンラインだけの話でなく、リアルとの関係性や近い未来を考察・指摘しています。現状を理解している人でも面白いと思います。

2007年05月12日

フューチャリスト宣言

フューチャリスト宣言

梅田望夫氏と茂木健一郎氏が「ウェブのインパクトと無限の可能性を語り倒す」という対談。はじめて聞く言葉が多くて、いろいろ調べながら読んだので若干苦労はありましたが、あぁこういう角度からインターネットを見るのも面白いなぁ、、など感じながら、梅田氏最後のことば「この本は、細部をつついて批判するのがバカバカしいような明るい本となる」という雰囲気はつかめたと思ふ。

2007年05月01日

Google誕生

Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター

やっと読みました、その名の通りGoogle誕生物語です。
どうしてGoogleの会社の経営方針が面白いのかがよく理解できます。検索の詳しい技術的な所も少ないので、米成功企業の物語として楽しめるのでどうぞ。

2007年04月08日

クチコミの技術

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング

みなさまご存知ブロガー、ネタフルのコグレマサト氏と、みたいもん!のいしたにまさき氏による共著「クチコミの技術」。ブログやってみることをおススメしますと、このブログでもよく書くんですが、有名ブロガー視点のブログノススメがまとまっております。

2007年04月01日

Webキャンペーンのしかけ方。

Webキャンペーンのしかけ方。 広告のプロたちがつくる“つぎのネット広告”

買って読めてない本→が沢山あるんですが、久々に読みだして止まらなくてそのまま一気読み本が登場しました。今まさに組み立てられている業界の雰囲気がよく伝わります。非常に読みやすい本なので、関係者はぜひ。

2007年02月22日

Web2.0時代のネット口コミ活用book

Web2.0時代のネット口コミ活用book―バズ・マスターになるための50のテクニック

具体例をもとに、ネットのクチコミを分析しながらマーケティング・プロモーションに活用する方法が主な内容です。参考事例が非常に多くてわかりやすく、リスクバズについての考え方など、いろんな角度からの手法が参考になります。

2006年11月10日

ヤバいぜっ!デジタル日本

ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ

久々の高城節、日本はこうあるべきだ論、分かりやすくて面白かったです。啓蒙書って感じです。読みながらうなずける箇所が結構あり、いろいろ気になってた事の高城理論が書かれていたので参考になりました。

2006年10月07日

ウェブ2.0は夢か現実か?

ウェブ2.0は夢か現実か?―テレビ・新聞を呑み込むネットの破壊力

技術的・未来予想的な内容ではなく、業界ネタという感じです。ネットに関する事件や昔話(といっても最近ですが、、)、著者佐々木氏の新聞記者としての観点などが短編でまとまっていて読みやすいです。
最近買って読んでない本多いなぁ・・・(右メニュー。。)

2006年08月04日

図解 Web2.0 BOOK

図解 Web2.0 BOOK

以前紹介しました「Web2.0 BOOK」の図解版が出てます。こちらも綺麗にまとまっていますので、いろんなシーンでヒントになりそうな本です。

2006年07月21日

Web2.0でビジネスが変わる

Web2.0でビジネスが変わる

WEB2.0登場でどうなったの?どうなるの?を実体験をもとに書かれていてリアルです。技術的な解釈ではないのでどなたでも読みやすいかと。

2006年07月12日

ブログ進化論

ブログ進化論—なぜ人は日記を晒すのか

ブログに対する著者の考えや出来事、ブログのいい所が上手にまとめられていますので、「なんでブログやってんの?」とか「ブログのどの辺りが面白い?」とか質問してくる方に是非読んでもらいたい感じです。

2006年07月02日

ネット広告のすべて

ビジネスの新常識 ネット広告のすべて

教科書という感じでしょうか。総合的に業務の全般内容がまとめられております。

2006年05月27日

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)

近頃本屋でよくGoogleコーナーみたいなのを見かけます。そのうちの一冊。著者は「検索エンジン戦争」の佐々木俊尚氏なので、いつもの如く非常にわかりやすくまとまっています。リスティングを使っての駐車場物語がリアルで良かったです。

2006年03月18日

ウェブ進化論

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

遅くなりましたが「ウェブ進化論」です。まわりの評価も非常に高いのでじっくり読もうと置いてまして、やっと読める機会ができたので、一週間ほど頭の整頓に「あちら側」に行ってきます。

2006年03月06日

Web2.0 BOOK

Web2.0 BOOK

日本のWeb2.0事情が沢山掲載されていて、近頃のネット事情の頭の整頓には最適です。かなり面白かったです。個人的にはMTとどう絡ませていこうかの手引きっぽくて重宝してます。
あと、ネット系広告企画をプランニングする時に、Web2.0の考え方を使ってみれば面白企画がチラホラ。

2006年02月14日

「Web 2.0」って何だろう

Web2.0

あちこちで「結局Web 2.0って何?」「Web2.0がよくわかる記事ある?」と聞かれます。
という事で、個人的に一番分かりやすかったのは「Web Designing 2月号」のタカヒロノリヒコ氏の記事だったのでご覧くださいませ。

2006年02月05日

標準Webデザイン講座 基礎編 第2版

標準Webデザイン講座 基礎編 第2版

Webサイト制作の教科書というだけあって、「今必要なこと」みたいなのが凝縮されています。mediologic.com/weblogの高広伯彦氏がまとめているところもあって、広告関係者はもちろんWEBに関係するあらゆる業界の方必読って感じです。

2006年02月04日

RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス

RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス

RSSが無ければ生活が変わってしまう。。というぐらい利用してますが、当然今後さらにビジネス利用が進むんでしょうね。そんなRSSの現在と未来を「RSSマーケティングガイド」の塚田耕司氏やRSSマーケティングに関係する方々8名によりまとめられています。今後非常に注目業界です。

2006年02月03日

ブログ・オン・ビジネス 企業のためのブログ・マーケティング

ブログ・オン・ビジネス 企業のためのブログ・マーケティング

ご存知Movable Typeのシックス・アパート編集なので超ビジネスブログネタです。
図解ブログ・マーケティングの次に読むと良かったです。

2006年02月03日

図解 ブログ・マーケティング

図解 ブログ・マーケティング

TIIDA BLOG』でおなじみ株式会社カレン。その株式会社カレン広報室長の四家正紀氏が著書なので具体的で面白いです。
ブログ・マーケティング導入にどうぞ。

2006年01月03日

ネットビジネス『儲け』のカラクリ

図解 まるわかりネットビジネス『儲け』のカラクリ

ちょっと調べ物があったので読んだんですが、ネット業界のいろんな事が結構良い感じにまとまってます。

2006年01月02日

勝つためのインターネットPR術

勝つためのインターネットPR術

これもホリエモン関連です。頭の整理にわかりやすい内容です。でも実施するのには実際ちょっとパワーがいるなぁ。

2005年09月30日

WEBデザインのニュー スタンダード

Webcreators

Web creators11月号「WEBデザインのニュー スタンダード」面白かったです。このブログで紹介したものが結構あったけれど、海外のサイト紹介が多くて参考になります。

2005年08月10日

検索エンジン戦争

検索エンジン戦争

今話題が尽きない検索エンジン業界。
日常利用する検索エンジンですが、その成長は今もなお二つの方向で続いています。

一つは、デスクトップ検索、商品検索、ニュース検索、社内ナレッジの検索などに見られる検索領域の拡大といった横軸方向への成長。そして二つ目は、ブログやRSSとの融合やウェブサービスへの取り組みなど、メディアとしての新たな性質の獲得といった縦軸方向への成長です。
何があって、何が起こっているのかを歴史と現在と今後の視点で理解するには非常にいい本です。著者はジェフ・ルート氏と「ヒルズな人たち」の佐々木俊尚氏

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages