広告会議TOP › 書籍会議  › 広告関連
広告関連
2008年09月28日

心に響くウェブ動画マーケティング。

心に響くウェブ動画マーケティング。 貴社がYouTube・ニコニコ動画ブームに乗れない理由。

気が付けばネットで動画を見る生活が普通になってますね。それと共に動画を利用したキャンペーンも沢山登場していますが、まだまだ始まったばかりの領域なので、手法というカタチでまとめるのは難しい感じ。この本では具体的に盛り上った動画を参考に、今時のウェブ動画マーケティングを解説していて、大きな流れを感じるには良いかと思われます。

2008年09月25日

コミュニケーションをデザインするための本

コミュニケーションをデザインするための本 (電通選書)

今よく話題になるコミュニケーション・デザイン。コミュニケーションをデザインするという事がどういう事なのかをプロモーション事例をもとに、どういった感じで組み立てられていって、どんなレスポンスがあったのか、がすごく具体的に丁寧にまとめられています。
何よりも体験談という視点で書かれているので、よくある解説書のような本ではなく、ドキュメンタリー本という感じ。あと、さすがコミュニケーション・デザインの本ということで、岸さんと読者とのコミュニケーション自体がデザインされている感じで非常に読みやすいです。
Webキャンペーンのしかけ方。」もそうでしたが、やっぱり体験談から導き出される話はリアルで面白いです。

2008年07月30日

空気のトリセツ

空気のトリセツ

キミがこの本を買ったワケ」「透明人間の買いもの」に続く第3弾。「KY」という言葉が日常で使われるように、「空気」というものが世間にどんな影響をもたらすのか、を分かりやすく解説してくれています。今回もさらっと読みやすい感じで、引き続き「確かにw」という箇所が沢山登場します。

2008年04月27日

ネット広告の効果を100%確実に上げ続けるために

ネット広告の効果を100%確実に上げ続けるために―広告効果測定のポイント (宣伝会議Business Books)

ネットの広告効果測定関連コラムでもよく登場する方々の、具体的な取り組みや考え方がまとめられた感じです。広くまとめられているので深さを求める内容ではないですが、珍しい事例もあり、オールカラーで148ページなので、かなりサクッと読めます。

2008年04月02日

彼女があのテレビを買ったワケ

彼女があのテレビを買ったワケ―男がわからなかった 女が商品を選ぶ本当の理由

女性が何故その商品を買ったか、何故そのような行動をとったか、などの女性心理が解りやすくまとめられています。「女ゴコロをつかむ8つのキーワード」という8カテゴリーでの解説は面白かった。女性向けの企画・開発を検討する際のヒントが書かれています。ので男性の方は是非。

2008年03月01日

明日の広告

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045) (アスキー新書 45)

あちこちのブログで書評を見ますね。消費者は変わっているのだから広告も変わろう、という内容で、難しい用語を極力減らしてラブレターのやりとりを例えにしたりと非常にわかりやすいです。今の広告と消費者の例えといえば、こんなムービーがありましたね。

2008年01月08日

ターゲットメディア・トルネード

ターゲットメディア・トルネード~Web広告、雑誌広告、交通広告(OOH)が効果的なワケ

マスメディアとターゲットメディアをそれぞれ定義し、消費者の心理をトルネードが如く消費へと向かわせる。メディアの定義から実践のための考え方と共に時代背景があって読みやすく、面白い図がいくつか登場します。メディアポジション・役割の頭の整頓にも良いです。

2007年11月29日

その1人が30万人を動かす!影響力を味方につけるインフルエンサー・マーケティング

その1人が30万人を動かす! 影響力を味方につけるインフルエンサー・マーケティング

著者はブルーカレント・ジャパンの本田哲也氏。「3つのインフルエンサー」「関心テーマ」というポイントを軸に展開していく「インフルエンサー・マーケティング」を、実例やPR戦略と共に紹介されていて具体的で分かりやすいです。

2007年11月11日

透明人間の買いもの

透明人間の買いもの

キミがこの本を買ったワケ」の続編。最近非常に気になる存在である透明人間(サイレント・マジョリティ)にフォーカスし、これまたクスッと笑えるストーリーで生活者の行動を描いています。前作と同じく透明人間の行動・傾向に対する根拠的内容は少ないものの、ストーリー各所で何かと参考になる要素が盛り込まれていて面白いです。

2007年11月06日

広告コピーってこう書くんだ!読本

広告コピーってこう書くんだ!読本

評判通りのすごく良い本でした。アタマを「発想体質」にしておく必要があるわけですね。。。から内容が始まるんですが、すごくわかりやすく基本から丁寧に書かれているので、内容との距離が無く、すぐに呑み込める内容です。何だか本の文章全体が、ブログの記事を書く上での参考にもなった気がします。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages