広告会議TOP › 書籍会議  › 広告関連
広告関連
2010年01月17日

使ってもらえる広告

使ってもらえる広告 「見てもらえない時代」の効くコミュニケーション (アスキー新書)

アートディレクター、CMプランナーを経て、現在はインタラクティブというあらゆる領域でご活躍されている須田さん(ブログTwitter)による著書「使ってもらえる広告」。
インタラクティブ領域での経験を具体的に紹介しながら感じた疑問を紐解いていく。そして「ユーザーに愛される五つの極意」ということで、“使ってもらえる”極意がまとめられ、最終章へ。須田さんが隣で語ってくれているようなリアルな内容で、久しぶりに一気読みの本でした。広告業界でいま奮闘されている方々は必読、是非おすすめ本です!
イケダさんの書評で知ったんですが、アスキー新書の広告・PR・マーケティングシリーズ、明日の広告戦略PR「買う気」の法則、に続く第四弾なんですね。

2009年12月12日

モバイルデザインアーカイブの本。

モバイルデザインアーカイブの本。―携帯Webコレクション

モバイルデザインアーカイブの本。」を献本頂きました。ありがとうございます。

デザイン性にすぐれたモバイルサイトを各業界別に並べたキャプチャ集です。全4カテゴリ114サイトを収録!また、各サイトのTOPページおよび下層ページに対し、デザインに関する論評を付け加えて解説しています。
ということで、114ものサイトが紹介されています。モバイルサイトをこんなに沢山並べて見る機会はあまり無いのでありがたいです。見落としていた面白いモバイルサイトがいくつもありました。

2009年12月12日

「ワタシが主役」が消費を動かす

「ワタシが主役」が消費を動かす―お客様の“成功”をイメージできますか?

「ワタシが主役」として、生活者がどのような気持ちで消費しているのか、消費したいのか、を沢山の事例と共に解説されてます。いろんな状況・角度から紹介されているので、消費イメージが漠然としていた部分も本書にはヒントがあると思います。

2009年11月14日

売れるデザインのしくみ

売れるデザインのしくみ -トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン-

先日ウジトモコさんにお会いした時に、著書「売れるデザインのしくみ」を頂きました。ありがとうございますー。

デザインとは、芸術や美術とも違い、その「もの」の魅力を分かりやすく伝えるための1つのツールです。
本書では、現役アートディレクターである著者が、デザイナーではない人でもデザインを正しく使えるようになるための「考え方」をお教えします。
いろんな経験談を織り交ぜながら、デザインとこうやって向き合えば良いですよという感じでとても丁寧に戦略から実践までの方法論が書かれています。読んだ後すぐに実践へと繋げる事が出来る内容です。

2009年10月18日

宣伝会議 2009年10月15日号

宣伝会議 2009年 10/15号 [雑誌]

宣伝会議」2009年10月15日号の特集「名もなき個人の発言力 ソーシャルメディアは企業の脅威か」の宣伝会議で誌上ツイッター!?25人がつぶやく(PDF)にパンダが出てます。おなじみの方も沢山出ていて面白い特集なので是非どうぞ。

2009年09月16日

「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする

「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする

GT伊藤直樹さんの新刊『「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする』はやっぱりステキな本でした。

第0講は、「広告批評」の元編集長である河尻亭一さんによる「伊藤直樹」のルール。“いまの人”というはじまりで、伊藤さんの原点から今までの作品を紹介・分析されています。続いて実際に行われた伊藤さんの講義をもとにまとめられた、第1講「インタラクティブ」のルール、第2講「仕組みと表現」のルール、第3講「インサイト」のルール、という丸ごと一冊講義形式。

この3回の講義にはとても参考になるキーワードが沢山散りばめられていて、実際の講義を受講された方でも文字で見るといろんなインスピレーションがあると思います。伊藤直樹さん流の広告コミュニケーションの組み立て方がとても良く伝わって、講義が進むにつれて頭の整頓もできました。是非いちど読んでみてください。おススメです。

2009年09月10日

ターゲット・インサイト '09-'10

宣伝会議2009年9月号別冊 ターゲット・インサイト09-10 2009年 9/1号 [雑誌]

宣伝会議の別冊「ターゲット・インサイト '09-'10」が面白いです。

インサイトを軸に生活者(ターゲット)を分析し、商品開発から販促施策、広告クリエイティブ開発にいたるまで、マーケティングのさまざまな局面での応用・活用を探ります。
「バブル期を経験している人とそうでない人では何が違うのか?」、「若い頃読んでいた雑誌はいまのライフスタイルにどう影響しているか?」、「若い頃夢中になった商品はいま買っているモノにどう影響しているか?」など、最近よく話題にあがる内容がとても分かりやすくまとめられています。第1章・第2章の内容は、最近のコミュニケーション分類において整頓しておきたい部分だったので参考になりました。

2009年08月03日

ブレーン別冊 「関西ウェブ制作会社年鑑」

ブレーン2009年9月号別冊 関西ウェブ製作会社年鑑 2009年 09月号 [雑誌]

ブレーンの別冊「関西ウェブ制作会社年鑑」を献本していただきました。ありがとうございます。

関西で活躍するウェブ制作会社を16社厳選しました。関西は「回転寿司」や「カラオケ」といったアイデア商品・サービスを生んだ地域です。そこで、実績を重ねるウェブ制作会社だからこそ、できることがあります。また総力特集として、効率よく、成果の上がるウェブサイトを制作するための「オリエンテーション」方法を紹介します。
関西WEB制作会社16社紹介と共に、「第一線企業12社のウェブ発注」事例篇など制作に関する声が沢山掲載されています。

2009年07月09日

「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略

「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略 (アスキー新書)

お気に入りの本『売れないのは誰のせい?』や、『ネコ型社員の時代』の著者 山本直人さんから、とっても気になっていた本日発売の新刊『「買う気」の法則』を献本いただきました。ありがとうございます!

目次
はじめに ~広告と「買う気」の微妙な関係~
第1章 額縁広告から戦う広告へ
第2章 「安い!」は最強のコピーなのか
第3章 マスメディアの自縛と自爆
第4章 「買う気」を高める新法則
第5章 「買う気」を呼び起こすパワーと能力
第6章 次世代のマーケティング人材
目次だけでも気になる感じがしますが、それぞれの章にはマーケティング、広告、コミュニケーションに関する今まさに気になっているテーマがいくつも題材とされていて、題材に対してユニークな視点でとてもニュートラルに分析・解説されているのですごく勉強になります。感覚的に普段話しているような事柄が、すごく整頓されました。
比較的読んだ本は読み返さないんですが、今2週目読んでます。というくらいおススメです。

2009年06月14日

広告新時代

広告新時代 ネット×広告の素敵な関係 (電通選書)

「電通のネット広告の最前線で活躍するプロ6人が、実戦に活かせる事例と視点を紹介するネット広告成功の手引書『広告新時代』」ということで、ネット×広告の現状とこれからが詳細まで書かれていて、事例とデータが多く使われているので何かと役立ちそうな内容です。ゲスト的に、その章の内容に関する方がcolumnを書かれています。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages