広告会議TOP › 効果測定会議  › 広告効果測定
広告効果測定
2008年11月18日

Yahoo!リサーチ、新サービス「Search Insight」開始

ヤフー株式会社と「Yahoo!リサーチ」を提供するヤフーバリューインサイト株式会社は本日、「Yahoo!リサーチ」の新サービス「Search Insight(サーチインサイト)」の提供を開始しました。
インターネットリサーチにYahoo!JAPANの検索行動データを組み合わせた独自の調査手法。
2008年11月17日

「ネット広告バリューインデックスプロジェクト」発足

株式会社ビデオリサーチインタラクティブと、株式会社オールアバウト、NTTレゾナント株式会社、マイクロソフト株式会社、ヤフー株式会社のポータルサイト運営事業者4社は、インターネット広告のブランディング効果に関する共同調査プロジェクト「ネット広告バリューインデックスプロジェクト」を開始しました。
2007年からいろいろやってるチームで、広告注目率、クリエイティブ評価、ブランディング効果等の基準値をアップデートしていく。2009年秋頃に調査結果・基準値を公表。
2008年10月15日

電通、「電通広告統計(DAS)」にネットと交通広告追加

電通は、クロスメディアコミュニケーションに対応するため、広告統計システム「電通広告統計(DAS)」を機能拡張し、従来のマス4媒体(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)にインターネット広告統計と交通広告統計を加えた、広告出稿を6媒体のビーグル単位で検索・集計できる業界初のシステムを開発した。
ネットはビデオリサーチインタラクティブのデータから、交通は首都圏の交通広告出稿データを活用。
2008年09月25日

NRI、「広告ランキング」サービスを提供開始

株式会社野村総合研究所は、本日、企業のプロモーション施策がどの程度生活者に到達しているかをブランド別にランキング形式でお知らせする「広告ランキング」サービスの提供を開始します。
「テレビCM別の合計視聴ランキング」「雑誌広告別の合計閲読ランキング」「Webアクセス率」「クロスメディアトータル接触ランキング」などが見れます。ランキングの閲覧は、当面無料とのこと。
2008年09月08日

電通、クロスメディアプランニングシステム「dentsu-CONNECT MEDIAR」開発

株式会社電通の「クロスメディア開発プロジェクト」は、消費者のメディアや情報とのかかわり方を詳細に分析し、各メディア間の「つながりの強さ」を基軸として、クロスメディアコミュニケーション戦略の立案をビーグル単位で支援できる、新しいタイプの分析・プランニングシステム「dentsu-CONNECT MEDIAR」(電通コネクトメディア)を開発し、運用を開始いたしました。
「シナリオづくり」支援のシステム。まず「クロスイッチ」を読みます。
2008年08月27日

Google、広告管理ツール「Google Ad Manager」正式版リリース

Googleは米国時間8月26日、広告の販売や計画立案を支援するフリーソフトウェア「Google Ad Manager」の正式版をリリースした。より小規模なオンラインパブリッシャーも広告を取り扱うことが可能となる。

CNET Japan:グーグル、広告管理ツール「Google Ad Manager」の正式版をリリース:マーケティング
3月にベータ版リリースした「Google Ad Manager」が正式版に。
2008年07月30日

博報堂DYメディアパートナーズ、メディア・クリエイティブ効果測定の新手法「CROSCOPE」を開発

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、株式会社博報堂と協働で、複数のメディアを組み合わせることで広告効果を高めるクロスメディア型広告キャンペーンの効果測定を行う新手法「CROSCOPE(クロスコープ)」を開発しました。
広告キャンペーンと広告表現効果を含めた効果測定や、プラニンングに必要なデータ取得ができる。
2008年07月23日

メタキャスト、エム・データ、データセクション、シンクー、複合リサーチサービス「クロスメディアレーダー」を開始

メタキャストの動画視聴体験を共有する「Mitter(ミッター)」、エム・データが独自に記録するテレビCM全放映実績「TVメタデータ」、データセクションが業界に先駆けて行ってきたブログ分析、シンクーのネットショップの購買経路を特定する「ShoppingFinder(ショッピングファインダー)」を組み合わせることで、従来の個別分析では把握が難しい企業のCMや自社のPR活動が、ブログや動画でどのように認知され、購買されるか等の消費者動向を把握することが可能になります。
4社の仕組み連携で横断的な調査・分析。
2008年07月16日

Ameba、ブログプロモーション実施企業に「ポストインプレッション効果」測定ツールの無償提供

「Ameba(アメブロ)」内にて各企業情報を閲覧したユーザーが、その後、時間が経過した後、検索エンジンなどを経由して、各企業サイトを訪問したり商品を購入したりするといった「ポストインプレッション効果」(間接効果)を測定することが可能となります。
ブログを活用した広告の価値をより理解してもらう為に提供との事。
2008年06月25日

Google、「Google Ad Planner」をリリース

Googleは、キャンペーンに適したサイトを選び出し、そのページビューやユニークユーザー数はもちろん、利用者の男女比や年代、年収などの統計データを表示するメディアプラニングツール「Ad Planner」を公開した。
MarkeZin:Google、世界中のサイトのデータをチェックできる「Ad Planner」を無料公開
「Google Trends」は一般向けで、「Google Ad Planner」は広告代理店や広告主が対象。現在招待制になってます。
 1  |  2  |  3  |  4  | All pages