広告会議TOP › 広告・デジタル会議  › 電子書籍
電子書籍
2011年08月16日

電通、出版社向け電子雑誌業務支援システム「Magaport」を開発

株式会社電通は、電子雑誌市場において、出版社がコンテンツの入稿・販売管理・広告管理を一元的に行える、電子雑誌業務支援システム「Magaport」を開発し、複数の電子書店への対応を開始しました。
「マガストア」や複数の電子書店で活用されており、出版社約100社、270誌向けにシステムの提供を開始。
2011年05月06日

毎日新聞が「MAINICHI RT 電子新聞」創刊

毎日新聞社は2011年4月26日、準日刊紙「MAINICHI RT」の電子版「MAINICHI RT 電子新聞」を創刊し、Web ブラウザ向けおよび電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」向けの配信を開始した。
購読料は月額900円、Webブラウザ向けは115円で1部のみでも販売。iPhone版も近日スタート。
2011年04月21日

東芝、電子書籍ストア「ブックプレイス」開設

電子書籍ストア「ブックプレイス(Book Place)」を「dynabook活用応援サイト 東芝プレイス(Toshiba Places)」内に本日開設します。サービス開始時はコミック、文芸書など2万冊以上の書籍コンテンツを取りそろえており、今年度末までには10万冊になる見込みです。
動画・音声組み込み書籍コンテンツや映像配信サービスなども開発予定。
2011年01月20日

凸版印刷とインテルとビットウェイ、電子書籍市場の拡大協力で合意

凸版印刷株式会社、インテル株式会社、および凸版印刷の子会社である株式会社ビットウェイは、電子書籍市場の早期拡大へ向け協力することで合意しました。
ビットウェイは株式会社BookLiveを設立、クラウド型電子書籍ストア「BookLive!」を2月上旬より開始。
2011年01月12日

ドコモと大日本印刷、電子書籍サービスを開始

電子書籍ストア「2Dfacto」は、電子書籍サービス「honto」の文芸書・コミックを中心とした電子書籍を約2万点から販売を開始し、2011年春までには約10万点に拡充していく予定です。
現在の対応端末はドコモのスマートフォンとブックリーダーなど7機種(Xperia、GALAXY S、GALAXY Tab、LYNX 3D、REGZA Phone、Optimus chat、ブックリーダーSH-07C)。
2010年12月09日

Google、米国にて「Google eBooks」開始

Google Editionsの名前で予告されていたグーグル版電子ブックサービスがついに公開されました。名前はシンプルにGoogle eBooks。電子ブックストア Google eBookstore との同時ローンチです。eBookstoreが取り扱うコンテンツは(主に著作権切れの)無料本を中心に300万タイトル以上。
iPhone、iPad、iPod touch、Android、の専用アプリもあります。
2010年11月25日

ソニー、電子書籍リーダー「Reader」を12月10日発売

ソニーは、軽量・コンパクトなボディと、紙のように読みやすく目に優しい電子ペーパーの採用で、いつでもどこでも手軽に読書が楽しめる電子書籍リーダー、5型ディスプレイ搭載のReader Pocket Edition(リーダー ポケット エディション)『PRS-350』および6型ディスプレイ搭載のReader Touch Edition(リーダー タッチ エディション)『PRS-650』を、12月10日より発売いたします。
オンラインブックストア「Reader Store」が、12月10日より開始。
2010年11月08日

朝日新聞社、「asahi.com」に電子書籍を紹介する「ASAHI eBOOK AVENUE」開設

朝日新聞社は、4日、インターネット情報サービス「asahi.com」上に、電子書籍を紹介する特設ページ「ASAHI eBOOK AVENUE」を開設しました。
朝日新聞に掲載された書評記事、独自特集コンテンツや名著などを紹介。購入もできます。
2010年11月04日

ソフトバンクモバイル、「ソフトバンク ブックストア」開始

ソフトバンクモバイル株式会社は、スマートフォン向けアプリケーションとして、書籍、コミック、写真集などを中心に幅広いジャンルの電子書籍が楽しめる「ソフトバンク ブックストア」を、2010年12月上旬以降、「GALAPAGOS SoftBank 003SH」の発売に合わせて提供開始します。
サービス開始時点から約10万点以上の電子書籍を取りそろえている。
2010年11月04日

村上龍とグリオ、電子書籍の制作・販売「株式会社G2010」設立

家の村上龍氏と株式会社グリオは4日、電子書籍の制作・販売を行う新会社「株式会社G2010」を共同で設立すると発表し、都内で設立会見を開催した。新会社では、iPad/iPhone向けアプリとしての販売や、NTTドコモの「電子書籍トライアルサービス」への提供を予定。
11月下旬に「限りなく透明に近いブルー」「すべての男は消耗品である」など順次発売予定。
 1  |  2  | All pages