広告会議TOP › 書籍会議  › 献本
献本
2009年12月13日

漂流する広告・メディア

漂流する広告・メディア――12人のキーパーソンと語る「マス×ネット」の今

「日経ビジネスオンライン」の連載を加筆修正した「漂流する広告・メディア」を献本頂きました。ありがとうございますー。

マス広告、ネットメディア、バイラルなどのクロスメディアを駆使するIMC(統合型マーケティング・コミュニケーション)。このIMCを実践するマーケティング・エージェンシーであるインテグレートの藤田康人が注目する12人のキーパーソンと語る「マス×ネット」の今。
キーパーソンの12人の方(↑Amazon「なか見!検索」で確認できます。)は、面白そうな話を聞かせてくれそうな方ばかり、どんな対談なのか楽しみです。

2009年12月12日

モバイルデザインアーカイブの本。

モバイルデザインアーカイブの本。―携帯Webコレクション

モバイルデザインアーカイブの本。」を献本頂きました。ありがとうございます。

デザイン性にすぐれたモバイルサイトを各業界別に並べたキャプチャ集です。全4カテゴリ114サイトを収録!また、各サイトのTOPページおよび下層ページに対し、デザインに関する論評を付け加えて解説しています。
ということで、114ものサイトが紹介されています。モバイルサイトをこんなに沢山並べて見る機会はあまり無いのでありがたいです。見落としていた面白いモバイルサイトがいくつもありました。

2009年11月14日

売れるデザインのしくみ

売れるデザインのしくみ -トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン-

先日ウジトモコさんにお会いした時に、著書「売れるデザインのしくみ」を頂きました。ありがとうございますー。

デザインとは、芸術や美術とも違い、その「もの」の魅力を分かりやすく伝えるための1つのツールです。
本書では、現役アートディレクターである著者が、デザイナーではない人でもデザインを正しく使えるようになるための「考え方」をお教えします。
いろんな経験談を織り交ぜながら、デザインとこうやって向き合えば良いですよという感じでとても丁寧に戦略から実践までの方法論が書かれています。読んだ後すぐに実践へと繋げる事が出来る内容です。

2009年09月27日

「ワタシが主役」が消費を動かす

「ワタシが主役」が消費を動かす―お客様の“成功”をイメージできますか?

ハー・ストーリィ 日野 佳恵子さんの新刊『「ワタシが主役」が消費を動かす』を献本頂きました。ありがとうございますー。

消費者=生活者は今や単なる買い手ではなく、「ワタシが主役」とばかりに売り手側と同じステージに立つようになった。お客様の意思が消費マーケットそのものを動かし、製品や提供されるモノを川下から逆流させて変えさせるほどのパワーを持ってきたのである。
この変化を、女性マーケティング、とくに25歳~50歳の既婚者層に関して絶大な強みを持つ著者が、「女性のあした研究所」による調査(2007~2009年3月)を踏まえ、生活者に支持される企業になるにはどうすればよいかを様々な実践例とともにアドバイスする。
気になる内容が沢山つまってる感じなので楽しみです。

2009年09月11日

「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする

「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする

GT伊藤直樹さんによる新しい時代のコミュニケーションデザイン論『「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする』を献本いただきました。ありがとうございます!

これからの広告の最大のキーワードのひとつは「体験」。見る人の“行動”をつくれるような「体験」をいかにプロデュースできるか。効かないといわれはじめた広告が「伝わる」ものになれるかどうかは、そこにかかっています。
本書では、この「体験」を用いた広告コミュニケーションについて、いま世界的に注目を集めているクリエイティブディレクター伊藤直樹が自身の「やり方」や「考え方」を講義形式で紹介しました。
内容は実際に行われた講義をもとにまとめられていて、対話形式になっています。いつもステキな本を企画される、編集長藤井さん・出版プランナーの松永さんコンビによる伊藤直樹さんの本なので、非常に楽しみにしていました。読書シーズンが復活です。

2009年08月03日

右脳会議

右脳会議―退屈な定例会議が「宝の山」に変わる!

ネスレ「キットメール」で2009年カンヌ国際広告祭メディア部門グランプリを受賞された宇佐美清氏による著書「右脳会議―退屈な定例会議が「宝の山」に変わる!」を献本していただきました。宇佐美さんありがとうございますー!

「会議」がつまらないのは、ゴールが明確でないからだ! 新規開発の会議だけでなく、「撤退か継続か」選択の会議も、「状況を発表する」報告の会議も、チーム思考によるアイディア発想力で、楽しく、かつ生産性が高められる! 様々な企業の現場でファシリテーターを務めてきた著者が、アカウントプランナーならではの視点から解説した、まったく新しい会議本。
早速読んで「広告会議」による「右脳会議」でパワーアップを目指そうと思います。

2009年08月03日

ブレーン別冊 「関西ウェブ制作会社年鑑」

ブレーン2009年9月号別冊 関西ウェブ製作会社年鑑 2009年 09月号 [雑誌]

ブレーンの別冊「関西ウェブ制作会社年鑑」を献本していただきました。ありがとうございます。

関西で活躍するウェブ制作会社を16社厳選しました。関西は「回転寿司」や「カラオケ」といったアイデア商品・サービスを生んだ地域です。そこで、実績を重ねるウェブ制作会社だからこそ、できることがあります。また総力特集として、効率よく、成果の上がるウェブサイトを制作するための「オリエンテーション」方法を紹介します。
関西WEB制作会社16社紹介と共に、「第一線企業12社のウェブ発注」事例篇など制作に関する声が沢山掲載されています。

2009年07月21日

YouTube 時代の大統領選挙

YouTube 時代の大統領選挙 ( 米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント)

YouTube 時代の大統領選挙」を献本していただきました。ありがとうございますー!

米国在住の著者が、2004年民主党大会での当時上院議員であったオバマ氏のスピーチから、第44代アメリカ合衆国大統領になるまでの軌跡を、マーケターとしての視点から追跡したブログとそのコミュニケーションのパラダイムシフトを総括した一冊。
いろんな広告関連のブログでも話題になっていた面白そうな書籍です。ちょっと最近読書ペースが落ちているのでどんどん読まなければ。

2009年07月20日

ニッチメディア広告術

コストをおさえてリピート客を増やす! 効率3倍アップのニッチメディア広告術

ニッチメディア広告術」をファインドスターさんから献本していただきました。ありがとうございます。

ニッチメディアとは、マスメディア以外の媒体でターゲットがセグメントされているもの。会員誌・顧客情報誌、フリーペーパー、自治体メディア、ルートメディア、インストアメディアなどのニッチメディアを上手に活用すれば、御社のターゲットに最適な広告が打てる。媒体選びやクリエイティブのポイントなど、費用対効果バツグンの集客術を解説。
普段の生活や街中を見渡せば、いろんなモノやいろんな場所にあるニッチメディア。そんなニッチメディアの広告活用術がまとめられています。読んでからまた感想書きます。

2009年07月09日

「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略

「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略 (アスキー新書)

お気に入りの本『売れないのは誰のせい?』や、『ネコ型社員の時代』の著者 山本直人さんから、とっても気になっていた本日発売の新刊『「買う気」の法則』を献本いただきました。ありがとうございます!

目次
はじめに ~広告と「買う気」の微妙な関係~
第1章 額縁広告から戦う広告へ
第2章 「安い!」は最強のコピーなのか
第3章 マスメディアの自縛と自爆
第4章 「買う気」を高める新法則
第5章 「買う気」を呼び起こすパワーと能力
第6章 次世代のマーケティング人材
目次だけでも気になる感じがしますが、それぞれの章にはマーケティング、広告、コミュニケーションに関する今まさに気になっているテーマがいくつも題材とされていて、題材に対してユニークな視点でとてもニュートラルに分析・解説されているのですごく勉強になります。感覚的に普段話しているような事柄が、すごく整頓されました。
比較的読んだ本は読み返さないんですが、今2週目読んでます。というくらいおススメです。

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages