広告会議TOP › 書籍会議  › 献本
献本
2011年01月28日

松下幸之助 成功の金言365

松下幸之助 成功の金言365

松下幸之助 成功の金言365」を献本頂きました。ありがとうございます!

成功するためには、成功するまで続けることである—— 超のつくプラス発想で人生最後の瞬間まで生き抜いた経営の神様は、 日々、自問自答を繰り返し、みずからの成長の糧とした実践する哲学者でした。 本書ではそのフィロソファー(哲人)としての松下幸之助の考え方に焦点をあてつつ、 読者の皆さんが一日を終えて日々の自省をされる際に役立つようにと、工夫を凝らした構成になっています。
1日1話1ページで365日勉強になる松下幸之助 氏の言葉が記されています。良きアドバイス盛り沢山です。

2011年01月03日

絶対ブレない「軸」のつくり方

絶対ブレない「軸」のつくり方

絶対ブレない「軸」のつくり方」を献本頂きました。ありがとうございます。

「このままで本当にいいのだろうか」と、日々懸命に働きながらも、心のどこかでもやもやしてしまう、そんな瞬間はありませんか?もしくは、「やりたいことはあるけれど、できるわけがない」、そう思っていませんか?本書は、キャリアに悩み、迷う人に向けた、「自分の心に正直になって、やりたいことに向けて一歩踏み出す」ための本です。
著者 南さんの波乱万丈の経験をもとに、“一歩踏み出す”事を教えてくれます。

2010年12月01日

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である」を献本頂きました。ありがとうございます!

ネットでよく見かけるあの人、なんであんなことしているんだろう?どうやって食べているんだろう?…そんなふうに見られていた人たちが、いつしか注目を集めアルファブロガーとなり、本を出版しマネタイズにもつながり、その人なりのかたちで「成功」を収めている…その秘訣はどこにある?「ブログを続ける=ライフログを残す、という行為は未来の自分への投資なのだ」という確信のもと、著名ブロガー総勢110名への詳細なアンケート取材からその「集合知」を引き出すインサイドレポート。「ネットでうまくいっている人」の思考法を徹底分析。
ネットによく登場する方々(110名の豪華なメンバーです。)っていったい。。。に答えるこのテーマに挑んだのは「みたいもん!」のいしたにさん。みなさんがどんな思考でネットで発信し続けているのかなど、とても興味ある内容がまとめられています。はやく読みたい!

2010年08月26日

だから最強チームは「キャンプ」を使う。

だから最強チームは「キャンプ」を使う。 ──「創造性」と「働きがい」を生み出すビジネス合宿術──

だから最強チームは「キャンプ」を使う。」をインプレスジャパンさんから献本頂きました。ありがとうございます!

会議でなんとかするって?そこがダメなんです。チームで働くよろこびを知らないすべての人たちへ。次世代コンサルならではの新しい解決手法のすすめ。
博報堂ブランドデザインが、合宿をビジネスとして有効活用するビジネスキャンプを成功に導く方法を紹介しています。一泊二日のタイムスケジュールで解説していたりとかなり具体的です。キャンプ!

2010年08月22日

アクセス解析からはじめる Webサイト運用 成功の法則

アクセス解析からはじめる Webサイト運用 成功の法則

アクセス解析からはじめる Webサイト運用 成功の法則」をキノトロープさんから献本頂きました。ありがとうございます!

知っておきたい運用で最大の成果を上げる方法。5つのステップで運用の問題を改善。詳細な手順と豊富な運用資料でWeb担当者を完全サポート。
目次などこの本に関しての詳細は、こちらの特設サイトから。ご覧の通り運用に関してかなり具体的に書かれているので、とても参考になりそうです。ちなみに掲載資料の一部がこのサイトからダウンロードできます。

2010年05月25日

欲しい ほしい ホシイ

欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解くと

欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解く」を献本頂きました。ありがとうございます!

広告はおもしろい。が、商品は売れない?
それはホンノウに逆らっているから─
プレステの全盛期をつくったことでも知られるクリエイティブディレクター小霜和也による初の著作。ヒトのホンノウや心のメカニズムを手がかりに、消費者の「ほしくなってしまう理由」「買いたいと思ってしまうワケ」を解き明かした実践的広告マーケティングの新しい教科書。
著者はno problem LLCのクリエイティブディレクター小霜和也さん(@kossii)。「いったん人間の原点に立ち戻った上で、新しいアイデアを生み出していく、そのきっかけにこの本を利用してもらえればと願っています。」という素敵なきっかけを頂けそうな本です。

2010年04月09日

キズナのマーケティング

キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代

トライバルメディアハウスの池田さんから著書「キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代」を献本頂きました。ありがとうございますー!

本書は、ソーシャルメディアマーケティングを煽るのではなく、その実態を理解した上での取り組み、つまり消費者との中長期的な「キズナ」をつくり、「明日の売上」につなげる施策を解説します。巻末には、いち早くソーシャルメディアマーケティングに取り組んだ企業6社のキーパーソンと著者とのインタビューを掲載。考え方や注意点、喜びや苦労など、担当者の生の声が伝わってきます。
セミナーやブログ(先日リニューアル)、Twitterなどでいろんなお話を提供してくれる池田さんのマーケティング本がついに登場。アスキー新書の広告・PR・マーケティングシリーズはいつも面白いので楽しみです。ちなみにトライバルメディアハウスさんのサイトがリニューアルされています。

2010年03月10日

もうひとつのプレゼン―選ぶ側の論理

もうひとつのプレゼン―選ぶ側の論理

もうひとつのプレゼン―選ぶ側の論理」を献本頂きました。ありがとうございます!

「選ぶ側」は、どのように案を選ぶのか──。日産自動車の宣伝部長として、マーチ、ティアナ、フェアレディZなどの数々のヒットキャンペーン企画を採用した著者がおくる初の「選ぶ側からのプレゼン論」。「提案する側」も必読の1冊。
ひとつ上のプレゼン。」や、「プロフェッショナルプレゼン。」など沢山のシリーズがインプレスジャパンから出されていますが、今回は「選ぶ側」から。いつもと違った角度のプレゼンに関する分析がなされていてとっても興味深い内容です。まさに「提案する側も必読の1冊。」です。また読んで感想を書きます。

2010年01月20日

Goods Press 2010年 02月号

Goods Press (グッズプレス) 2010年 02月号 [雑誌]

Goods Press 2010年 02月号」を阿部さん(@galliano←フォローおすすめです!)から頂きました!ありがとうございますっ。特集がiPhone「プロフェッショナルたちの超アプリ術」という事で、「トップCMクリエイターのクラウド×アプリの思考術」として阿部さんが紹介されています。みんなのiPhoneの使い方って気になりますよね。その他にもいろんなプロの方の使い方が紹介されているので是非。「ホビー大図鑑」は物欲を抑えてどうぞ。

2010年01月12日

使ってもらえる広告 「見てもらえない時代」の効くコミュニケーション

使ってもらえる広告 「見てもらえない時代」の効くコミュニケーション (アスキー新書)

博報堂 須田さんによる著書「使ってもらえる広告 「見てもらえない時代」の効くコミュニケーション」を献本頂きました。ありがとうございます!

本書では、サービスとしての広告を開発し、身近なところから実感を持って生活者=ユーザーと「キズナ」をつくり上げる「使ってもらえる広告」を提案する。人気クリエイティブディレクターによる「広告の最前線」。
明日の広告」からちょうど2年、今度は博報堂 須田さんが広告の最前線を語ってくれます。企画協力は出版プランナーの松永さん、編集協力は『広告批評』の元編集長 河尻さん、という豪華メンバーでアスキー新書から須田さんの本。間違い無い本です。楽しみー。

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages