広告会議TOP › 広告・デジタル会議  › メタバース
メタバース
2007年06月09日

エルゴ・ブレインズ 「WeROCK City」

WeROCK City

「ロック」をテーマにしたUGC仮想都市サイトが登場。と言ってもSecondLife的なものではなく、仮想都市をイメージしたブログポータルって感じです。

●プレスリリース:“ロック”に特化したコミュニティ・スペースとして、UGCによる仮想都市 【WeROCK City (ウィロックシティー)】 開設

2007年06月06日

SBIが「仮想世界」に参入 現実の金融と融合

SBIグループは、ネット上に仮想世界を構築するための合弁会社「SBI Beyond C.」(仮)を設立する。仮想世界でユーザーに経済活動をしてもらい、現実社会の金融活動と連動させた「仮想金融街」を作るという。まずは今年度内に2Dの世界を構築。来年以降に3D化する。
今度はSBI。ラッシュです。でも「STUDIO4℃」が世界をデザインがかなりそそります。
2007年06月05日

仮想空間「meet-me」

meet-me

トランスコスモス、フロム・ソフトウェア、産業経済新聞社(産経新聞社)の3社で、東京23区をリアルに再現した3D仮想空間「meet-me(α版)」を年内にリリースするそうです。その事業を行う合弁会社は株式会社ココア(Co-Core)。あまりにも自由すぎたり、ルールが無い事が微妙に苦手な日本人には丁度良い設定かもしれない。

●関連記事:トランスコスモスなど、東京を再現する国産メタバース運営の合弁会社設立

2007年05月25日

野村総合研究所 2012年までの三次元仮想世界の進展を予測した「ITロードマップ」

ITロードマップ

ネタ的に今盛り上がりやすい三次元仮想世界ですが、野村総合研究所が今後を予想しております。2009年頃からビジネスが本格化される予想です。個人的には好きな分野ですし、「PlayStation Home」も気になりますが、まだちょっとわからないですね日本。

2007年03月20日

「Second Lifeとは違う」3D仮想コミュニティ「splume」がスタート

splumeは、専用ブラウザ「CRブラウザ」と「HUB(ハブ)」と呼ばれるアバターキャラクターを用いて、バーチャル空間でコミュニケーションできるサービス。ハブはファッションの着せ替えなどカスタマイズが可能なほか、日記やメッセージ送受信、フレンズリストといったSNS機能も備える。
仮想空間ブームでしょうか。日本製登場です。
2007年03月09日

PlayStation Home

PlayStation Home

バーチャル3D空間は「SecondLife」だけではねぇぜ、と聞こえてきそうなSCEからのパンチあるリリースです。超簡単に説明するとPS3版SecondLife(簡単すぎますが・・・)ですが、コミュニケーションとかネットワークとかいろいろ考えさせられるリリースでございました。「PlayStation Home」だけできる安価なハードがあったら欲しいです・・・。あ、PSPでできたらいいのに。いいなぁPS3・・・。

●参考:GISMODE PlayStation Homeの映像(動画)

 1  |  2  |  3  | All pages