広告会議TOP › 広告・デジタル会議  › Second Life
Second Life
2008年01月12日

防災の集いに「セカンドライフ」活用 内閣府

阪神大震災から13年になる17日前後に開かれる「防災とボランティアの集い」で、内閣府はインターネット上の仮想空間都市「セカンドライフ」を活用する。
新幹線のニュースで出てました。実際どうなったかの発表ってあるんでしょうか。お待ちしております。
2007年11月07日

モバイルファクトリー セカンドライフ通貨を実店舗に絡める販促ツール開始

モバイルファクトリーは、仮想世界「セカンドライフ」で使われる通貨「リンデンドル」を実社会の店舗やサービスと連動させる販売促進ツール「バーチャルインセンティブ」の事業を始めた。
あぁ、リアルでもらった「バーチャルマネー」をSecondLifeで「リンデンドル」に換金という事ですね。逆かと思いました。
2007年10月17日

SUN セカンドライフ携帯ビューア12月リリース

株式会社SUNは、主力事業のひとつであるセカンドライフ事業におきまして、12月15日より、日本国内初となるセカンドライフ携帯ビューアのサービスを開始します。
どれくらいの精度なんでしょうか。携帯版だとさくっとやりそうです。
2007年10月11日

朝日放送もSecond Life参入

Second Lifeを視聴者との新しいコミュニケーションを生み出す第3のホームページととらえ、Second Life内に「ABC」「ASAHI」「TV」「NAKANOSHIMA」の4つの島を取得した。
まずは、「ショート ムービー CM グランプリ~カンヌへの道(仮)」という企画をやるそうです。
2007年10月11日

慶應義塾大学 脳内イメージでコンピュータを操作、頭の中で考えただけでSecondLife内を「散歩」できる技術開発に成功

頭の中で考えただけで3D バーチャルコミュニティ・サービス「SecodLife」内を散歩できる、ブレイン・コンピュータ・インターフェース技術の開発に成功しました。
数段飛ばしでステップアップした感じのニュースです。すごいですねぇこりゃ。
2007年09月28日

新東通信 セカンドライフ内での接近保証型広告を開発・発売

PPA(Pay Per Approach)とは、広告が他のユーザー(アバター)に対して接近した数を保証して支払いが発生する、3D世界ならではのセカンドライフにおける、株式会社新東通信が考案・開発した新しい接近保証型広告です。
広告を装着して走りまくっていろんな人と接触、そして報酬ゲット。
2007年09月26日

日本テレビ 3D仮想空間「セカンドライフ」内で番組を収録

セカンドライフ内に建設したShiodome Island(汐留島)内では、ニューススタジオやイベントスペースで番組収録やイベントを行うと同時に、一般ユーザーにはコミュニケーションスペースを提供します。
全編セカンドライフ内で収録して、地上波で10月から放送。。
2007年09月20日

アドプレイン、サントリーとSecond Lifeで仮想島「サンクチュアリ」を展開

アドプレインは、サントリーの「Second Life」進出支援として、仮想世界内サービス「SUNTORY ISLAND“Sanctuary(サンクチュアリ)”」を展開すると発表した。
おっ、SecondLifeに設置してある自販機で当たりが出たら「ボスジャン(アイテム)」などがもらえるそうです。
2007年09月19日

ADKがセカンドライフ内に11月より「ADKアニメワールド」を開設

株式会社アサツー ディ・ケイは、3Dバーチャル・コミュニティー「セカンドライフ」内に「ADKアニメワールド」を開設し、セカンドライフで初の本格的なコンテンツビジネスを展開します。
続きましてADK参戦。コンテンツビジネスをするそうです。あっ、妖怪人間。
2007年09月11日

読売広告社 「セカンドライフ」内にバーチャルブランチ『YOMIKO城』を開設

株式会社読売広告社は、欧米を中心に急成長しているネット上の3D仮想空間「セカンドライフ」内における企業支援ビジネスを開始しました。  
クリエイティブ武士道」に続いて「YOMIKO城」です。
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages