広告会議TOP › 広告・デジタル会議 › 広告関連リリース › 博報堂、マルチステークホルダー乗り合い型価値創造プログラム「bemo(ベモ)」提供開始
2011年08月10日

博報堂、マルチステークホルダー乗り合い型価値創造プログラム「bemo(ベモ)」提供開始

博報堂は、企業が、顧客や取引先、地域社会などの多様な関係者と“乗り合い型”のチームを結成し、自社や関連業界のこれからの社会的価値や事業モデルを共に構想し創出する手法「マルチステークホルダー乗り合い型価値創造プログラム『bemo(ベモ)』」を開発し、企業や団体向けに提供を開始しました。
多様なステークホルダーと知恵やリソースを分かち合い、自社や社会全体に新しい価値・仕組みを、事業モデルやプロジェクトなどの形で創り出していくプログラム。