広告会議TOP › ネット広告会議 › クロスメディア型 › 博報堂DYMPとTメモ、双方向スポットCM手法「InteractiveAD」を開発
2011年02月16日

博報堂DYMPとTメモ、双方向スポットCM手法「InteractiveAD」を開発

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社Tメモは、TBSテレビが保有する、テレビCMの放送に完全連動したデータ放送送出システム「i-CMシステム」を活用し、双方向スポットCM手法「InteractiveAD(インタラクティブアド)」を開発しました。
CMに自動表示されるデータ放送からキャンペーンなどに参加できる仕組み。