広告会議TOP › 広告・デジタル会議 › デジタルメディア › JR西日本コミュニケーションズ、大阪駅構内で大型デジタルサイネージ広告の実証実験
2010年08月05日

JR西日本コミュニケーションズ、大阪駅構内で大型デジタルサイネージ広告の実証実験

ジェイアール西日本コミュニケーションズは、広告媒体としてのデジタルサイネージの可能性を検証するために、大日本印刷、美人時計、チアーズと共同で、平成22年8月6日(金)〜12月31日(金)まで、駅構内では初となる大型デジタルサイネージで「美人時計」を配信します。
42型ディスプレイを12面搭載したDNPの「トールビジョン」を採用。