広告会議TOP › ネット広告会議 › クロスメディア型 › IMJ、博報堂DYメディアパートナーズ、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科、ARを活用したクロスメディア型広告を開発
2009年11月24日

IMJ、博報堂DYメディアパートナーズ、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科、ARを活用したクロスメディア型広告を開発

株式会社アイ・エム・ジェイ、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科デジタルライフプロジェクト(稲見昌彦教授)は共同で拡張現実感技術(AR=Augmented Reality)を利用した広告商品「テノヒラアド」を開発しました。
新聞、雑誌、折込などの広告にマーカー。