広告会議TOP › 書籍会議 › 広告関連 › 「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする
2009年09月16日

「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする

「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする

GT伊藤直樹さんの新刊『「伝わる」のルール 体験でコミュニケーションをデザインする』はやっぱりステキな本でした。

第0講は、「広告批評」の元編集長である河尻亭一さんによる「伊藤直樹」のルール。“いまの人”というはじまりで、伊藤さんの原点から今までの作品を紹介・分析されています。続いて実際に行われた伊藤さんの講義をもとにまとめられた、第1講「インタラクティブ」のルール、第2講「仕組みと表現」のルール、第3講「インサイト」のルール、という丸ごと一冊講義形式。

この3回の講義にはとても参考になるキーワードが沢山散りばめられていて、実際の講義を受講された方でも文字で見るといろんなインスピレーションがあると思います。伊藤直樹さん流の広告コミュニケーションの組み立て方がとても良く伝わって、講義が進むにつれて頭の整頓もできました。是非いちど読んでみてください。おススメです。