広告会議TOP › 書籍会議 › ネット関連 › ウェブはバカと暇人のもの
2009年05月31日

ウェブはバカと暇人のもの

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

「本書では、「頭の良い人」ではなく、「普通の人」「バカ」がインターネットをどう利用しているのか?リアルな現実を、現場の視点から描写する。」ということですが、決してネットが面白くないよという本ではなく、ニュースサイトの編集責任者である著者が出会った、ポジティブにもネガティブにも盛り上っている事柄ってどんな内容なのかというのが書かれています。実際の出来事をベースにしているので、あぁこんな事が起ってたのかと参考になります。