広告会議TOP › 調査・資料会議 › 記事・インタビュー › 改正放送法 マスメディア集中排除原則を大幅緩和
2007年12月24日

改正放送法 マスメディア集中排除原則を大幅緩和

改正放送法が21日成立し、民間放送局の株式持ち合いなどを制限してきた「マスメディア集中排除原則」は大幅に緩和されることになった。表現の自由や言論の多様性を担保してきた同原則の抜本見直しは、昭和25年に放送法が制定されて以来初めて。キー局を核とし、地方局などが傘下に入る「認定放送持ち株会社制度」への移行が可能となり、欧米で加速する「メディアコングロマリット」への道が開けたといえる。
ネットよりリアルの方が話題になってたこの話、ようやく成立。来年はこっち系関連の動きが派手になりそうですね。それに伴う各社の動きにも注目。今後の動き予想はタカヒロさんにお任せするとして、ワンセグ・ネットで映像を見る機会が増えそうです。やっぱりワンセグ携帯にしよっと。

●関連記事:放送法改正!:放送と通信のクロスオーヴァーが遂にはじまる:mediologic.com/weblog