広告会議TOP › 広告会議 › 雑感 › 「・・・で?」
2007年05月28日

「・・・で?」

広告会議

大阪人には不思議と会話の中で「オチ」を付けなければいけないという謎の責任感がある。大阪で生まれた途端、日常でこの「オチ」を付けるという「起承転結」トークの修行が開始されるのだ。
もし会話の中で「オチ」がなければほどよく(愛情はこもっているが)責められ、言われる言葉は、

「・・・で?」

この「・・・で?」を言われる前に気持ちよく「オチ」を付ければ会話はいい具合に完結し、聞いた人は別の人にこの「起承転結」の面白話を伝えたくなる。

近頃のオンライン流行語大賞「クチコミマーケティング」関連でも同じ事が言える。コンテンツ・動画のリズムが順序良く進み、見ている人が「・・・で?」という前に、納得いける「オチ」が登場してくれれば人に言いたくなる。

会話と同じく、「クチコミ」ねらいで作られたコンテンツ・企画・動画が「・・・で?」と言われて埋もれてしまうのは悲しいものです。悲しいコミュニケーションにならないように「・・・で?」と突っ込まれないか、「・・・で?」指標で企画を確認してみてはいかがでしょうか。

コメント

おもしろいことに。

僕のまわりで、優秀やなぁと思われるインタラクティブ人の多くは西の人間が多く、最東端は岐阜だと判明しております(笑

東系のインタラクティブクリエイターは、かっこええもんはつくりますが、それこそ「で?」なものを作られる方が多いです。

広告とはコミュニケーションなので、突っ込まれる要素がなければ、そもそも成立してないんでは、とか思うけどね。


>タカヒロさま

「かっこえぇ~」と言われるより、「おもろ~」と言われる方が喜びを感じるのは関西人の性でしょうか。。突っ込まれて成立する「おもろ~」の方が相手にも喜びを与えるパワーがあるような気もしますし。愛のある広告コミュニケーションを勉強します(笑